第5回 DJI スペシャリスト認定資格試験 札幌会場開催のお知らせ

○DJI  CAMPについて

DJI CAMPとは、マルチコプター(ドローン)およびカメラ技術を開発・製造するグローバルリーダー、DJIの日本法人であるDJI JAPAN株式会社が主催する操縦者向けの民間資格です。DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムであるDJI CAMPは、DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。

○DJI スペシャリストについて
10時間以上の飛行操縦経験がある操縦者に実際のマルチコプター飛行業務に従事できる技能を証明できます。DJI CAMPで認定するのは、企業内でパイロット、および改正航空法下で業務を行う方で、DJIのマルチコプターを正しく安全に使用できる操縦者です。
○第3回 DJI CAMP 日程
2017年6月26日(月)~27日(火) 2日間
26日 10時~17時 座学講習 練習時間あり
27日 10時~17時 筆記試験、操縦試験

○開催場所
北海道札幌市東区東雁来12条3丁目1-1  サッカーアミューズメントパーク
・中央バス 東雁来線56  東雁来12条2下車 徒歩10分 ・無料駐車場あり

○参加資格
・個人及び法人の方
・ドローン操縦経験10時間以上
・DJIユーザー
※受験前に、機密保持契約に同意していただく必要がございます。
※機密保持契約に同意できない方は受験ができませんので、ご注意ください。
○定員10名(定員に達し次第締切)
○参加費用
・受講・試験料
 一般 86,400円(税込)(北海道ドローン協会会員 64,800円(税込)
・テキスト代 送料込  3,888円(税込)

※DJIスペシャリスト試験に合格した際は、認定証発行手数料として別途 21,600円(税込)が必要です。

○持物
・上履き、スリッパ
・DJI CAMPテキスト

・技能試験の際は機体持込(phantom3/4に限る)いただくか、または機体(Phantom3もしくはPhantom4)を貸出いたします。
○講義内容

1.操縦者の行動規範 / 2.安全基準 / 3.マルチコプターの概論 / 4.禁止事項 / 5.気象について / 6.電波について / 7.飛行について / 8.操縦技量チェック / 9.DJI製品について / 10.法律

○技能試験内容

1.機体コンディションチェック : プロペラ、モーター等確認している
2.離陸(P) : 周囲の安全を確保し、確認してから離陸している
3.ホバリング(A)1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
4.右or左のホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
5.対面ホバリング(A) 1分間 : 精度±50cm(優)、精度±1 m(良)
6.前進して決められた地点まで飛ぶ(A)
7.対面で離陸地点に戻ってくる(A)
8.8の字旋回(P)
9.ノーズインサークル(P)
10.着陸(A)
※(P):GPSもしくはビジョンポジショニング使用可
(A):GPSオフで飛行
※合否は約2週間後にメールで結果をお知らせします。試験不合格の方は次回開催時に再試験(再試験費用別途)を行います。

〇申込方法
 下記PDFのDJI CAMP参加申込書に必要事項を記載の上、メールまたはFAXにてお申込みください。
http://do-rone.jp/dr/wp-content/uploads/2017/06/5thDJICAMP.pdf

第10回定期総会

第10回 定期総会開催のご案内

拝啓  時下、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。また、日頃は特定非営利活動法人 Digital北海道研究会運営に多大なるご理解、ご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、このたび当研究会 第10回定期総会を下記の通り開催いたします。また、総会終了後に記念講演、交流会を開催いたしますので、ご出席くださいますようお願い申し上げます。敬具

・定期総会
日 時:平成29年6月20日(火)   15:30~16:30
場 所:札幌駅前ビジネススペース  会場名 2-D
札幌市中央区北5条西6丁目1−23 第二北海道通信ビル2階
電 話:011-252-7719

記念講演会
日 時:平成29年6月20日(火) 16:30~17:30
場 所:札幌駅前ビジネススペース 2A
札幌市中央区北5条西6丁目1−23 第二北海道通信ビル2階
電 話:011-252-7719
参加費:無料(参加は自由)

プログラム
16:30~17:50
「北極域研究の最前線ー北極でも売れるおいしい氷」
北海道大学北極域研究センター長 齊藤 誠一氏
「北海道における農業・環境分野における空間情報の活用」
酪農学園大学教授・農業環境情報サービスセンター長 金子 正美氏

・交流会
日 時:平成29年6月20日(火) 18:00~20:00
場 所:炭焼炉ばた くし路 新北海道ビル店
札幌市北区北7条西4丁目 新北海道ビル地下  TEL 011-737-0888
(郵送のご案内では、会場が「万葉酒房 源」となっていましたが、改めます、)
■交流会会費: 会費 4,000円(定員30名、当日会場にて承ります。)

詳細は下記URLをご覧下さい。尚、出欠に関してはご案内を郵送しましたので、
はがきで返信をお願いします。

詳細は下記のURLをご覧ください。
http://dghok.com/wp-content/uploads/2017/06/2017.6.20soukai.pdf

謹賀新年

謹んで新年のご祝詞を申し上げます

本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます

観光ICT地域活性化戦略セミナー

北海道産学官研究フォーラム/北海道GIS・GPS研究会からのお知らせです。

「観光ICT地域活性化戦略セミナーのご案内」
~ICT・人口知能(AI)の活用による北海道の観光振興戦略~

URL:http://www.kirari.com/sangaku/annai55.html

第3次人工知能(AI)ブームと言われる今日、自動車の自動運転、産業用ロボット、
建設分野、医療分野などの様々な分野で、AIの応用例が増えています。
そこでこの度、人工知能を取り巻く現状と、観光分野への応用の展望について
北海道大学大学院情報科学研究科の川村秀憲教授をお招きし、講演をいただきます。
また、北海道新幹線の函館延伸に伴い開業した道南いさりび鉄道の敷村朝生氏には
交通分野におけるICTの利活用を、更にオープンデータや地図を利用して、人をつなぐ
プロジェクトを展開するMIERUNE. LLCの古川泰人氏にオープンデータと北海道の観光
について発表いただきます。

皆様方におかれましては、ご多用の折とは存じますが、多数ご出席賜りますよう何卒
宜しくお願い致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【日 時】平成28年11月9日(水)15:30~17:50
【会 場】かでる2・7 510会議室
☆☆☆〒060-0002 札幌市中央区北2条西7丁目 TEL 011-204-5100
【プログラム】
15:30~15:35 開会の挨拶
15:35~16:30 基調講演「人工知能を取り巻く現状と観光分野への展望」
☆☆☆☆☆☆北海道大学大学院情報科学研究科教授 川村 秀憲氏
16:30~17:10 講演2「道南いさりび鉄道開業と交通分野におけるICT利活用について」
☆☆☆☆☆☆道南いさりび鉄道㈱運輸部運輸課長 敷村 朝生氏
17:10~17:40 講演3「オープンデータの活用と北海道の観光」
☆☆☆☆☆☆MIERUNE. LLC 古川 泰人氏
17:40~17:50 質疑応答
【参 加 費】一般3,000円、主催・共催団体会員 2,000円
【参加費振込先】北洋銀行 本店営業部 (普)1822587 北海道産学官研究フォーラム
☆☆☆☆☆☆(参加費の振り込みは、11月8日までにお願いします。)
【お申込URL】https://eipo.jp/dghok/seminars/view/3794
【主 催】北海道産学官研究フォーラム/北海道GIS・GPS研究会
【共 催】産学官CIM・GIS研究会(特非)Digital北海道研究会
【後援依頼】(一社)北海道観光振興機構、北海道経済連合会、(一社)北海道建設業協会
北海道商工会議所連合会、観光情報学会、(一社)日本写真測量学会北海道支部
【連 絡 先】 北海道産学官研究フォーラム/北海道GIS・GPS研究会 (担当 藤原)
〒060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストークマンション札幌 507号室
TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070 E-mail:forum@sangaku2.sakura.ne.jp

ENVI講習会(初級・中級)開催のご案内

ENVI講習会(初級・中級)を開催します。

特定非営利活動法人Digital北海道研究会では、産学官CIM・GIS研究会、酪農学園大学との共催で、
リモートセンシングソフトウエア「ENVI」の講習会を行います。
初級編ではリモートセンシングの基礎から簡単な画像解析までを学び、
道内初開催となる中級編では、植生解析やフィーチャー抽出といった高度な内容を学びます。

■日時:平成28年7月21日(木)~23日(土)
■会場:酪農学園大学GISルーム
■内容:
21日(木) ENVI初級編 無料(定員となりましたのでお申込を締め切らせて頂きました)
22日(金)~23日(土) ENVI中級編 会員(産学官CIM・GIS研究会、Digital北海道研究会)50,000円、 非会員55,000円

詳細はこちらのPDFをご覧ください。

お申込は下記URLにてお願い致します。

http://sangaku.tank.jp/wp2/info/envi_kousyu0721/

サッポロ・オープンデータGIS大賞のご報告

【サッポロ・オープンデータGIS大賞のご報告】

3月18日(金)TKPガーデンシティ札幌駅前にて
「サッポロ・オープンデータGIS大賞」セミナー&シンポジウムが開催され
90名近い方々にご参加いただきました。

来賓の挨拶として札幌市副市長の吉岡亨氏はじめ、
基調講演では東京大学大学院情報学環の越塚登教授、
及び国土交通省国土地理院の村上広史参事官よりお話をいただきました。

後半のパネルディスカッションでは、
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社代表取締役の伊藤博之氏と
酪農学園大学の金子正美教授をパネラーに加え、
当研究会理事長の橋本雄一がモデレーターとなり、白熱した議論が展開されました。

aDSC06767

サッポロ・オープンデータGIS大賞 受賞チーム代表者とプレゼンターの皆様

謹賀新年

謹んで新年のご祝詞を申し上げます

本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます

第6回 産学官CIM・GISセミナーのご案内

Digital北海道研究会が共催する、第6回産学官CIM・GISセミナーが開催されます。

米国オートデスク・アジア太平洋地区土木事業開発統括部長の福地良彦氏をお迎えして
国内外の先進事例を伺うとともに、CIM導入の導入費用対効果に関する研究成果のご紹介をいただきます。
更に北海道大学情報科学准教授の田中文基氏よりIFC-Bridge規格をめぐる動向、
北海道開発局事業振興部技術管理課の齋藤正則氏より北海道開発局におけるCIMの取り組みをご紹介いただきます。

■日時:平成27年9月29日(火)13:10~15:50
■会場:かでる2・7 1060会議室  札幌市中央区北2条西7丁目 TEL 011(204)5100
■参加費:一般 3,000円、主催・共催団体会員、官公庁 2,000円
■主催:産学官CIM・GIS研究会
■共催:北海道産学官研究フォーラム/北海道GIS・GPS研究会/特定非営利活動法人Digital北海道研究会

フォーラム画像

クリックして拡大

詳細、お申込はPDF
2015.9.29 第6回産学官CIM・GISセミナー案内をご覧ください

GEOINFORUM-2015「日本情報地質学会第26回総会・講演会 ジオインフォーラム2015のご案内」

GEOINFORUM-2015

2015年6月18日(木)・19日(金)

小樽市小樽経済センター 4階ホールにて、

日本情報地質学会第26回総会・講演会 ジオインフォーラム2015が開催されます。

johochishitsu2015v1

クリックして拡大

PDFはこちら

日本情報地質学会 http://www.jsgi.org/