「ESRI UC 2008」のご案内

第28回ESRIユーザ会(ESRI UC 2008)が2008年8月4日(月)~8月8日(金)まで、米国サンディエゴ市にて開催されます。世界各国よりESRI製品ユーザがサンディエゴに会し、最新テクノロジーに関するプレゼンテーションをはじめユーザ事例発表など数多くのセッションが開催されます。

http://www.esrij.com/community/event/uc_esri2008/index_u_e2008.shtml

Digital北海道研究会では、より多くの北海道の方にご参加いただけるようESRIユーザ会の参加登録費を会員限定特別価格

$ 495 (一般価格:$ 1,395)

にてご案内させていただきます。

お申し込みされます方はお手数ですが6月29日までに下記の項目を記載してoffice@dghok.com 宛にお送りください。(件名は“ESRI UC 2008”でお願いします) 

 

 ・氏名
 ・企業/団体名
 ・役職
 ・郵便番号 住所
 ・メールアドレス
 ・電話番号
 ・FAX番号

 

旅行の手配に関しましては、ESRIジャパン企画「第28回ESRIユーザ会視察ツアー」をH.I.Sにてお申込みいただくことができます。

 

お問合・お申込
株式会社エイチ・アイ・エス
北海道法人団体営業所 担当:伊藤
E-mail:tb-hojinspk@his-world.co.jp
TEL:011-222-7777 FAX:011-222-6431

asciiデータを高速にshapeファイルに変換

レーザーデータなどのテキストデータを高速にshapeファイルに変換する方法を紹介します。

無料のスタンドアローンのツールなので、とても便利です。
なんといっても変換スピードが速いです。
ascii2shp(GUI)
http://arcscripts.esri.com/details.asp?dbid=14877

多少難しいですが、ArcGISのツールボックスにも追加でき、多少工夫すればバッチで変換を行うこともできます。(詳しくはまた今度)
ascii2shp(コマンドライン)

http://arcscripts.esri.com/details.asp?dbid=14268

高速にshapeファイルを結合(マージ)

個別のshapeファイルが大量にあるとき、とても便利なツールです。
無料でダウンロードでき、スタンドアローンで動作します。

GeoMerge(ジオマージ)
http://www.vdstech.com/geomerge.htm

ArcGISで処理が落ちたりするぐらいの数でも、あっさりshapeファイルを結合(マージ)してくれます。
そしてかなり高速です。とてもお得な気分です。

WWFの湖沼・森林データ

世界自然保護基金 (WWF:world wide fund for nature)
のサイトから全世界の湖沼・湿原・森林データをshapeファイル形式で入手することが出来ます。

データの詳細については以下を参照してください。
http://www.worldwildlife.org/science/

<入手方法>

http://www.worldwildlife.org/
上記WWFサイトのトップページ左側のリンクから

Conservation Science→Data Download
と進むと下記のダウンロードページへ進むことができます。
http://www.worldwildlife.org/science/data.cfm

5種類のデータがダウンロード可能となっていますが、
そのうち以下の2項目はshpファイル形式のデータです。

・湖沼・湿原データ global lakes and wetlands database(GLWD)
・陸域エコリージョンデータ(森林データ等)terrestrial ecoregions of the world

ダウンロードの際には、名前,メールアドレス,所属の入力が必要です。

なお湖沼データにはarcview3xのプロジェクトファイル
ecoregionファイルにはAV8x&9x用のレイヤファイルが
添付されています。

陰影付地形図

無料で1/25000の陰影付地形図をダウンロードできます。

陰影付地形図ダウンロードサービス
http://www.naturebase.env.gr.jp/shadow-map/

この地図は、国土地理院発行の数値地図25000(地図画像)に、数値地図50mメッシュ標高から作成した陰影画像を合成したものです。
地図画像の図葉名やメッシュ番号については、数値地図25000(地図画像)と同様です。
※ダウンロードするためには、ユーザー登録が必要です。

投影情報:経度緯度 Bessel Tokyo

図葉ファイル:TIF形式(インデックスカラー)
座標情報  :TFW形式

水基本調査(地下水調査)データ

井戸に関するデータについてです。国土交通省 土地・水資源局 国土調査課が提供しています。

水基本調査(地下水調査)は、1952年から収集を始めた全国約6万件の井戸に関するデータベースです。
井戸掘削時に得られた地質情報、揚水試験で得られた帯水層情報と水質検査結果からなっています。
http://tochi.mlit.go.jp/tockok/tochimizu/F9/download.html

<フォーマット>
SHPファイル

<投影情報>

緯度経度 世界測地系

<属性情報>
水位
揚水量
自噴量
水質
詳しい属性情報はこちら

オルソ化空中写真

オルソ化された空中写真を無料でダウンロードすることができます。

「オルソ化空中写真ダウンロードシステム(試作版)」を国土交通省国土計画局が公開しています。

http://orthophoto.mlit.go.jp/

ここでは、1970年代のオルソ化された空中写真をダウンロードできます。
写真の提供範囲は、主に都市部ですが、順次公開されていく予定です。
写真の年代の追加されていく模様です。
解像度は50cmで、車を一台一台確認することができ、とても詳細な画像です。

<フォーマット>
tif (ワールドファイルがあるので、GISデータと重ねることができます。

<投影情報>
平面直角または経度緯度の新測地

<データ使用に関しての注意事項>
データを使用する際は、必ず以下の注意事項をご覧下さい。
http://orthophoto.mlit.go.jp/ols_doc3.htm

国勢調査(H12人口・事業所・企業統計)

国勢調査(H12人口・事業所・企業統計)の入手方法です。

国勢調査(H12人口・事業所・企業統計)は、統計GISプラザのホームページから無料でダウンロードできます。
http://gisplaza.stat.go.jp/GISPlaza/

<データフォーマット>
SHPファイル

<投影情報>
平面直角座標系(北海道はすべて12系に統一してある)
新測地・旧測地 両方とも提供

<データ項目>
平成12年国勢調査 町丁・字等別集計
・人口
年齢階級別、男女別人口
就業者数

在学者数・未就学者数
・世帯数
一般世帯数
一般世帯人員、1世帯当たり人員
住宅の延べ面積

平成13年事業所・企業統計調査町丁・大字別集計
・男女別従業者数(総数のみ)
・事業所数、従業者数

自然環境情報GISデータ

環境省の自然環境情報GISデータの入手方法についてです。

環境省の自然環境情報GISとは、自然環境基礎調査の結果をGIS化したものです。
自然環境基礎調査とは、一般に「緑の国勢調査」と呼ばれ、陸域、陸水域、海域の各々の領域について国土全体の状況を調査したものです。
自然環境についてGISで解析する際に、最も一般的なデータです。

データの詳しい説明については、以下をご覧ください。
http://www.biodic.go.jp/kiso/gisddl/gisddl_f.html

<入手方法>

・HPよりダウンロード
アンケートに答えたあと、ダウンロードできます。
一度に3種類のデータのみダウンロードできます。

・メディアによるデータ提供
メディアを多様性センターに郵送し、それにデータをコピーして返送する形になります。
料金は、郵送費のみです。
また切手を貼った返送用封筒を同封する必要があります。

<フォーマット>

SHPファイル

<投影情報>
経度緯度  JGD2000

<データ項目>
植生調査
特定植物群落調査
巨樹・巨木調査
河川調査

海岸改変状況調査
湖沼調査
湿地調査
藻場調査
干潟調査
サンゴ調査
マングローブ調査