「地理空間情報の基本と活用」

当会副理事長、橋本雄一による「地理空間情報の基本と活用」が古今書院より好評発売中です。

当会の理事・会員の方も多数執筆されていますので、興味のあるかたはぜひお買い求め下さい!

会員の方は2割引、一般の方も1割引で購入出来ます。

本の詳しい内容・お申し込み方法は下記リンクの申込書にて。

http://www.dghok.com/gis_kihon_katsuyou_dghok.pdf

地理空間情報の基本と活用

国土数値情報 土地利用平成18年が公開されました

■国土数値情報 土地利用平成18年(2006年)

7月29日に土地利用細分メッシュデータが公開されました。
平成9年以降、土ちり用データが公開されていなかったのでとても感動です。
これで、昭和56年、63年、平成3年、平成9年、平成18年の5年代の土地利用図が
そろいました。

同ホームページより変換ツール(JPGIS形式)が公開されています。
JPGIS形式からShape形式に変換できます。
データ量が大きいため、メモリの設定を変更する必要があります。
詳しくは、ソフトをダウンロードした際に含まれているマニュアルをご覧ください。

札幌周辺の平成9年と18年の土地利用図を比較したところ、石狩低地帯では水田
が畑に変わっていました。その他、ゴルフ場の増加や都市化などが進んでいました。
一部の地域では、都市からその他の用地に変化していました。
9年間の比較をするだけでも、面白いことが発見できそうです。

<国土数値情報ダウンロードサービス>
http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/