第10回産学官CIM・GISセミナーのご案内

産学官CIM・GIS研究会からのお知らせです。

~情報化施工の現状とi-Constructionの展望~
建機メーカーの㈱コマツは、国土交通省が提唱するi-Constructionに先駆けて
2015年2月より安全で生産性の高い現場を実現する「スマートコンストラクション」を開始し、
多くの実績を上げています。
更にi-Constructionの運用開始に伴いUAVを使った3次元測量のマニュアル化と活用が進んでおります。
そこでこの度、㈱コマツレンタルの野表氏と㈱トプコンの大谷氏をメインスピーカーに迎えて、
建設現場の「見える化」による改善例を伺います。
また、道内のi-Constructionの取組とCIM試行について北海道開発局の島多企画官に伺います。
皆様方におかれましては、ご多用の折とは存じますが多数ご参加いただきますよう宜しくお願い致します。
※本セミナーは(一社)建設コンサルタンツ協会の継続教育(CPD)対象予定です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【日  時】平成28年9月30日(金)13:30~16:30
【会  場】札幌コンベンションセンター 204会議室
〒003-0006 札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1 TEL 011-817-1010
☆☆☆☆☆☆会場アクセス http://www.sora-scc.jp/access/
【プログラム】
13:30 開会の挨拶
13:35~14:30
☆☆講演1 「コマツレンタルにおけるi-Construction・情報化施工の取組概要及び事例」
☆☆☆☆☆☆講師:野表 孝彰氏(コマツレンタル㈱北海道営業部スマートコンストラクション推進室)
14:30~15:30
☆☆講演2 「UAVによる3次元モデル生成精度の現状と出来形管理要領」
☆☆☆☆☆☆講師:大谷 仁志氏(㈱トプコン営業本部 国内ICT-施工/農業推進部)
15:30~15:40 休 憩
15:40~16:20
☆☆講演3 「北海道開発局におけるi-Constructionの取組概要」
☆☆☆☆☆☆講師:島多 昭典氏(北海道開発局事業振興部技術管理課企画官)
16:20~16:30
☆☆講演4 「産学官CIM・GIS研究会におけるUAV(ドローン)に対する取組み」
☆☆☆☆☆☆講師:雫石 和利氏(産学官CIM・GIS研究会幹事長)
【参 加 費】一般3,000円、主催・共催団体会員 2,000円
【参加費振込先】北洋銀行 北7条支店 (普通)4034121 産学官CIM・GIS研究会(サンガクカンシムジーアイエスケンキュウカイ)
【主  催】産学官CIM・GIS研究会
【共  催】産学官研究フォーラム/北海道GIS・GPS研究会、(特非)Digital北海道研究会
【後 援】(一社)建設コンサルタンツ協会北海道支部、(一社)北海道測量設計業協会
☆☆☆☆☆☆(公社)土木学会北海道支部、(一社)北海道建設業協会、(一社)日本写真測量学会北海道支部、北海道GIS技術研究会
【連絡先】産学官CIM・GIS研究会 (担当 藤原)
〒060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストークマンション札幌 507号室
TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070  E-mail:forum@sangaku2.sakura.ne.jp

【詳細は下記URL】
http://sangaku.tank.jp/wp2/info/10thcimgisseminar/

防災・減災対策空間情報活用セミナーのご案内

~土砂災害リスクの軽減と北海道の災害対策~
URL:http://sangaku.tank.jp/wp2/info/bousaisemina/

近年、防災と減災の取組が重要となってきています。災害には様々なものがありますが、
北海道内においては、集中豪雨から発生する土砂災害が大きな被害をもたらすことも多くなってきています。
そこで今回は、「土砂災害リスクの軽減と北海道の災害対策」をテーマとしたセミナーを開催します。
基調講演には、災害を自然現象と社会問題の両面から研究するために設置された
「突発災害防災・減災プロジェクト拠点」の拠点長である、丸谷特任教授をお招きします。
また、官の立場として北海道開発局より吉村氏、産の立場として、株式会社シン技術コンサルの佐藤氏より
それぞれご講演いただきます。
皆様方におかれましては、ご多用の折とは存じますが多数ご出席賜りますよう宜しくお願い致します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【日      時】平成28年9月26日(月)13:30~15:40
【会      場】かでる2・7 1030会議室
〒060-0002 札幌市中央区北2条西7丁目 TEL 011-204-5100
【プログラム】
3:30~14:20 基調講演「場の特性を生かした土砂災害予測のあり方」
☆☆☆☆☆☆☆北海道大学大学院農学研究院特任教授 丸谷 知巳氏
14:20~15:00 講演2「北海道開発局における土砂災害に対する取組状況」
☆☆☆☆☆☆☆北海道開発局建設部河川計画課河川計画管理官 吉村 俊彦氏
15:00~15:30 講演3「土砂災害等におけるリスクコミュニケーション」
☆☆☆☆☆☆☆株式会社シン技術コンサル空間情報部課長 佐藤 潤氏
15:30~15:40 質疑応答

【参 加 費】一般 3,000円、主催・共催団体会員 2,000円
【主      催】北海道産学官研究フォーラム/北海道GIS・GPS研究会
【共      催】産学官CIM・GIS研究会、(特非)Digital北海道研究会

【お申し込み方法】下記のURLのお申込フォームよりお願いします。
http://www.kirari.com/sangaku/annai40.htm

【連絡先】北海道産学官研究フォーラム/北海道GIS・GPS研究会 (担当 藤原)
〒060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストークマンション札幌 507号室
TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070 E-mail:forum@sangaku2.sakura.ne.jp

第9回GISコミュニテイフォーラムin北海道のご案内

当研究会も後援するESRIジャパンユーザ会主催の
GISコミュニティフォーラムin北海道が本年も下記の要領で開催されます。
基調講演や、事例発表や体験セミナーなど幅広く行われます。
是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【日     時】 9月27日(火)10:30 ~ 17:30 ( 17:30 より懇親会)
【会    場】 ACU-A(アスティ45 16階)
☆☆☆☆札幌市中央区北4西5 アスティ45 (JR札幌駅 徒歩5分)
【主    催】 ESRIジャパンユーザ会
【参加費】 無料・事前登録制
【内    容】 基調講演、事例発表、テクニカルセッション、体験セミナー、ESRIジャパン製品展示、懇親会
☆☆☆☆○ 基調講演「北九州地域の取り組みのキーワードはズバリ!
☆☆☆☆☆「みんなで創る」です!~北九州地域から世界へ羽ばたくために~」
☆☆☆☆☆北九州市 総務局 情報政策部 情報政策課 主査 塩田 淳 氏
☆☆☆☆○ ユーザー事例発表「GIS活用推進委員会による業務改善事例の紹介」
☆☆☆☆☆福岡県 直方市 総合政策部 人事課 情報管理係 主査 加藤 立寛 氏

詳細は下記URLをご覧ください。
http://www.esrij.com/events/details/85849/