第11回産学官CIM・GISセミナーのご案内

近年高度成長期に各地で建設された橋梁などの構造物は老朽化が進んでおり、メンテナンスが課題となっております。北海道大学情報科学研究科の長谷山教授のメディアダイナミクス研究室では、ネクスコ東日本と東京大学との連携で大容量画像解析技術を利用した新しい橋梁点検支援システムを開発されました。この度こうした研究を含めた社会インフラメンテナンスの高度化の試みについて講演をいただきます。更に研究会幹事企業の岩田地崎建設株式会社の河村氏にはCIM・i-Constructionの取組み現況と課題を、また地質情報の3次元化と施工現場への適用について株式会社安藤・間の宇津木氏とジーエスアイ株式会社の豊田氏に事例の紹介をいただきます。皆様方におかれましては、ご多用の折とは存じますが多数ご参加いただけますよう、何卒宜しくお願い致します。(尚、この度のセミナーは(一社)建設コンサルタンツ協会継続教育(CPD)プログラム登録講習の予定です。)

                   記

■開催日時:2016年12月7日(水)13:20~16:40(13:00開場)
■開催場所:札幌コンベンションセンター 204研修室
〒003-0006 札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1  TEL 011-817-1010
■プログラム:
13:20       開会の挨拶
13:25~14:25 「情報科学に基づいた社会インフラメンテナンス高度化の試み」
北海道大学大学院情報科学研究科   教授 長谷山 美紀氏
14:25~15:05 「CIM・i-Constructionの取組み現況と課題について」
岩田地崎建設株式会社 技術部長   河村 巧氏
15:05~15:15  休 憩
15:15~15:55 「地質情報CIM管理システムの構築および施工現場への適用」
株式会社 安藤・間 土木事業本部土木設計部基礎技術グループ地質技術チーム部長 宇津木 慎司氏
15:55~16:30 「大量の地質情報を三次元可視化して見えるもの」
ジーエスアイ株式会社 代表取締役   豊田 守氏
16:30~16:40  質疑応答
16:40        閉 会
■参加費:一般3,000円、主催・共催団体・官公庁・自治体2,000円
■振込先:北洋銀行 北7条支店(普)4034121 産学官CIM・GIS研究会宛20161207-11thcimgis
■主 催:産学官CIM・GIS研究会
■共 催:北海道産学官研究フォーラム、北海道GIS・GPS研究会、
特定非営利活動法人Digital北海道研究会
■後援依頼先:(一社)建設コンサルタンツ協会北海道支部、(一社)北海道建設業協会、
(一社)北海道測量設計業協会、(一社)日本写真測量学会北海道支部、(公社)土木学会北海道支部
■事務局・連絡先:産学官CIM・GIS研究会(担当 藤原)
〒060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1ストークマンション札幌507号室
TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070 E-mail:forum@sangaku2.sakura.ne.jp

詳細PDFはこちら

Webでのお申込は右記URLよりお願い致します。 https://eipo.jp/dghok/seminars/view/4155

第1回DJIスペシャリスト認定資格試験(DJI CAMP)札幌会場開催のお知らせ

この度、当研究会においては、HELICAM株式会社の協力を得て、下記の要領で第1回DJIキャンプを開催する運びとなりました。

〇DJIキャンプについて
DJI CAMPとは、マルチコプター(ドローン)およびカメラ技術を開発・製造するグローバルリーダー、DJIの日本法人であるDJI JAPAN株式会社が主催する操縦者向けの民間資格です。DJIのマルチコプターを、正しくより安全に使用できる操縦者を認定する企業向けプログラムであるDJI CAMPは、DJIのマルチコプターの正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかを評価しています。

〇DJIスペシャリストについて
10時間以上の飛行操縦経験がある操縦者に実際のマルチコプター飛行業務に従事できる技能を証明できます。DJI CAMPで認定するのは、企業内でパイロット、および改正航空法下で業務を行う方で、DJIのマルチコプターを正しく安全に使用できる操縦者です。

〇第1回 DJI CAMP 日程

平成28年12月12日~13日(水) 2日間
12日 10時~17時 座学講習 練習時間あり
13日 10時から16時 筆記試験、模擬試験

〇開催場所

札幌市東区東雁来12条3丁目1-1 サッカーアミューズメントパーク
公共交通機関 中央バス 東雁来線56 東雁来12条2 下車 徒歩10分  無料駐車場有

〇参加資格
個人及び法人の方
・ドローン操縦経験10時間以上
・DJIユーザー

〇定員10名
〇参加費用
一般 86,400円(税込
Digital北海道研究会・産学官CIMGIS研究会会員会員 64,800円(税込)
※DJIスペシャリスト試験に合格した際は認定証発行手数料として別途 21,600円(税込)
が必要です。
テキスト代(別途)3,240円(税込)送料600円

詳細は、こちら

申込は、必要事項を記入の上、FAXかEmailでお願い致します。
申込先:特定非営利活動法人Digital北海道研究会
TEL 011-299-8104 FAX 011-299-5070 Email office@dghok.com

 

 

 

小樽の街を航空写真と地図で見てみよう

Digital北海道研究会より
イベント「小樽の街を航空写真と地図で見てみよう」のお知らせです。

【日時】
2016年12月 9日(金) 12:00~17:00
☆☆☆☆☆☆☆☆10日(土) 10:00~17:00
☆☆☆☆☆☆☆☆11日(日) 10:00~16:00

【開催場所】小樽運河プラザ多目的ギャラリー(3番倉庫)
☆☆☆☆☆小樽市色内2丁目1‐20 JR小樽駅より徒歩8分

地図

クリックして拡大

 

【入場無料】

【主な展示内容】

■明治時代から現代までの小樽の地図や海図
■3時代の航空写真を2.4m四方の大迫力大判プリント

【過去の展示例】

%e5%9b%b31 %e5%9b%b32

【主催】 NPO法人(申請中)チャレンジサポート北海道
【後援】 
NPO法人Digital北海道研究会、NTT空間情報株式会社
【協力】 国土地理院北海道地方測量部、第一管区海上保安本部、小樽市総合博物館

【イベントポスター】 画像をクリックするとPDFを開きます。配布掲示にご利用ください。

20161104_A1_3_アウトライン

クリックしてPDFを開く

 

第3回ドローン技術講習会~Phantom/Inspireを業務で使用するための安全講習~

第3回ドローン技術講習会~Phantom/Inspireを業務で使用するための安全講習~のご案内

定員に達しましたので受付を終了しました

本講習は、10月21日に開催した「第1回ドローン技術講習会」、11月25日に開催予定の「第2回ドローン技術講習会」の内容と同じものとなっております。お申込みの際にはご注意下さい。

【開催趣旨】
2015年の航空法改正以後、UAV(ドローン)の飛行は人口集中地区(DID)では原則飛行できない等の制限が課されるようになりました。また、現状のドローンは簡単に飛行させることができる反面、墜落の危険性も高いため、ドローンを飛行させるためには、正しい知識と技能が要求されます。一方で、i-Constructionの3本の柱の一つである施工の情報化において、生産性の向上に寄与すべく国土地理院ではUAV(ドローン)で円滑かつ安全な測量ができるように「UAVを用いた公共測量マニュアル(案)」及び「公共測量におけるUAVの使用に関する安全基準(案)」を2016年3月30日に公表しました。
そこで、当研究会では、業務でドローンを使用する皆様を対象にHELLICAM株式会社の丹野氏を迎え下記の要領で講習会を開催致します。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

■日 時:平成28年12月15日(金)13:30~15:30
■会 場:かでる2・7 1060研修室
☆☆☆〒060-0002 札幌市北区北2条西7丁目
■テーマ:「Phantom/Inspireを業務で使用するための安全講習」
HELLICAM株式会社 代表取締役 丹野 宏平氏
【講習内容】
☆☆☆操縦者の心構え・機体の特性・事故事例・飛行の安全について・緊急時の対処方法・機体のメンテナンス等
【参 加 費】一般3,000円、主催・共催団体会員 2,000円
【振込先】北洋銀行野幌中央支店(普)3955980 特定非営利活動法人Digital北海道研究会事務局
【主 催】特定非営利活動法人Digital北海道研究会
【共 催】産学官CIM・GIS研究会、一般社団法人日本写真測量学会北海道支部、
☆☆☆北海道産学官研究フォーラム、北海道GIS・GPS研究会
【後援依頼】一般社団法人建設コンサルタンツ協会北海道支部
☆☆☆一般社団法人北海道測量設計業協会、一般社団法人北海道建設業協会
北海道GIS技術研究会

詳細PDFはこちら