9月26日(水) 第11回 GISコミュニティフォーラム in 北海道のご案内

第11回 GISコミュニティフォーラム in 北海道のご案内です。

日程:

9 月 26 日(水)10:30~17:30(受付開始10 時)

会場:

ACU-A(アスティ45 16階) 1606号室

主催:

ESRIジャパンユーザ会

参加費:

無料・事前登録制

内容:

基調講演、事例発表、テクニカルセッション、体験セミナー、ESRIジャパン製品展示、懇親会

詳細プログラムはこちら

後援 :

特定非営利活動法人 EnVision環境保全事務所
GITA-JAPAN
地方公共団体情報システム機構
一般社団法人 地理情報システム学会
デジタルアース日本学会
特定非営利活動法人 Digital北海道研究会
日本地図学会
一般社団法人 日本リモートセンシング学会
(50音順)

事務局:

ESRIジャパンユーザ会事務局
TEL: 03‐3222-3941
FAX: 03‐3222-3946
e-mail:forum@esrij.com

お申込み、詳細は下記アドレスをご参照下さい。

https://www.esrij.com/events/details/109544/

【地震の影響により開催延期します】9月18日(火) 第8回 産学官CIM・GIS情報交換会(会員限定企画)のご案内

【地震の影響により開催延期します】

Digital北海道研究会は9月18日(火) 開催の、「第8回 産学官CIM・GIS情報交換会」を産学官CIM・GIS研究会の主催で共催いたします。この度の会員限定企画につきましては、Digital北海道研究会会員の方も参加いただけますので、ご興味がありましたらぜひご参加下さい。

【開催趣旨】:

この度、パナソニック株式会社の松山氏をお招きして、4Kカメラの画像を活用した事例について話題提供をいただくともに、副座長の金井先生より、SFMの活用事例を紹介いただき、幹事の岩田地崎建設株式会社の河村氏より7月18日に開催された北海道地理空間フォーラムin札幌の建設セッションの報告と事例の紹介をいただきます。是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。(会員限定企画、主催・共催団体会員・官公庁・自治体  参加費 2,000円)

【開催日時】:

2018年9月18日(火)16:00~18:00 (受付15:40~)

終了後、「サントリーズガーデン 昊」にて懇親会18:20~20:20 (別途4,000円)

【会場】:

札幌駅前ビジネススペース カンファレンスルーム2J(定員50名)
060-0005 札幌市中央区北5条西6丁目1-23 第2北海道通信ビル2F

【プログラム】:

話題提供1

「建設業の生産性向上に向けたパナソニックの技術/ソリューションご紹介」
パナソニック株式会社 CNS社イノベーションセンター 主任技師 松山 保男 氏

話題提供2

「インフラ点検におけるSFMモデル生成品質に関する課題」
北海道大学大学院情報科学研究科 教授 金井 理 氏

話題提供3

「地理空間フォーラムin札幌の建設セッションの報告等」
岩田地崎建設株式会社 執行役員技術部長 河村 巧 氏

話題提供4

「UAVレーザーによる計測事例の紹介」
テラドローン株式会社北海道支社営業部 傳寶 翼 氏

18:20-20:20 懇親会

終了後、「サントリーズガーデン 昊」にて懇親会(事前申込・懇親会費別途4,000円)

【参加費・お申込み】:

主催・共催団体会員・官公庁・自治体 会員限定 参加費 2,000円、懇親会別途4,000円

下記Webフォームにてお申込み。
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/16325

参加締切り 9月13日(木)
定員 情報交換会 50名
懇親会 25名

Webフォームがご利用できない環境の場合は、件名を「【参加申込】9月18日(火)第8回 産学官CIM・GIS情報懇談会」とし、本文に参加者氏名、会社・団体名、住所、メールアドレス、電話番号、会員区分(会員・非会員・官公庁・自治体・独立行政法人等)、お支払い方法(会場支払い・銀行振込[請求書不要]・銀行振込[郵送の請求書が必要])、懇談会(懇談会費別途4,000円)参加の有無、を明記の上、下記を参考にinfo@h-sangakukan.jpまでお送りください。

宛先:info@h-sangakukan.jp
件名:【参加申込】9月18日(火)第8回 産学官CIM・GIS情報交換会
本文
参加者氏名:(複数人の場合は複数氏名をご記載下さい)
会社・団体名:
住所:
メールアドレス:
電話番号:
会員区分:(会員・官公庁・自治体・独立行政法人等)
お支払い方法:(会場支払い/銀行振込[請求書不要]/銀行振込[郵送の請求書が必要])
懇談会(懇談会費別途4,000円)参加の有無:

 

 

主催・共催

主催:産学官CIM・GIS研究会
共催:一般社団法人北海道産学官研究フォーラム、
特定非営利活動法人Digital北海道研究会

お問い合わせ

一般社団法人北海道産学官研究フォーラム 事務局(担当:藤原)
060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1ストークマンション札幌507号室
TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070 E-mail:info@h-sangakukan.jp

【※会員限定】平成30年北海道胆振東部地震における災害復興のためのGISデータ配布(会員限定)について

【※会員限定】平成30年北海道胆振東部地震における災害復興のためのGISデータ配布(団体会員を対象)について

1:主旨

NPO法人Digital北海道研究会では、特別に許可をいただいて、下記の条件を満たす方に対して災害関連データを配布します。

①NPO法人Digital北海道研究会の団体会員であること
個人会員の場合は用途をメールにてご相談下さい

2:配布データ一覧

①国土地理院が公開している厚真川地区(北海道勇払郡厚真町・安平町・むかわ町)(9月6日撮影)
下記アドレスで公開しているものの高解像度版です。
http://www.gsi.go.jp/BOUSAI/H30-hokkaidoiburi-east-earthquake-index.html

仕様:JPG+ワールドファイル

②GEOSPACE航空写真2017年オルソデータ
NTT空間情報株式会社が販売している、GEOSPACE航空写真の厚真付近のデータを無償貸与します。
2500レベル25cmの解像度を持ちます。
https://www.ntt-geospace.co.jp/geospace/koukuu.html
※撮影範囲は下記の画像をご覧ください

仕様:TIFF+ワールドファイル

③山腹崩壊トレースポリゴンデータ
有志が国土地理院のオルソ画像をもとに山腹崩壊をトレースしたデータです。
下記アドレスからダウンロードも可能です。
https://github.com/koukita/2018_09_06_atumatyou

仕様:SHP

3:配布方法

(※配布はDigital北海道研究会の団体会員を対象としています)NPO法人Digital北海道研究会 事務局(札幌市北区北7条西5丁目6-1ストークマンション札幌507号室)に、
16GB以上の空のUSBメモリ等と、身分証明(名刺など)を持参してください。

16GB以上のデータ空き容量のあるノートPC等をご持参の上で、事務局内にて各自データを事務局USBメモリからコピー作業にての配布もいたします。

※Digital北海道研究会事務局の来客作業スペース(机、椅子、電源、持参のUSBメモリへのコピー作業用パソコン有り)にて各自にてコピー作業となります。
(必要空き容量につきましては9月12日現在13GB程度となっております。今後変更の可能性もございますので必要データ容量は最新の情報をご確認下さい)

来所可能時間:平日9:00-17:30まで
(土日祝日は不可・休日または夜間等の緊急に必要な場合はご相談下さい※Digital北海道研究会団体会員のみ)

インターネット経由の配布は行いません。

お問い合わせ:
特定非営利活動法人Digital北海道研究会
〒060-0807 北海道札幌市北区北7条西5丁目6-1
ストークマンション札幌507号室
TEL  011-299-8104    FAX  011-299-5070
office@dghok.com

9月8日(土)北海道ドローン協会 当別練習場 「ドローン操縦体験会」のご案内

北海道ドローン協会から「ドローン操縦体験会」のご案内です。

北海道ドローン協会当別ドローン練習場にて、2018年9月8日(土)9:30~12:00に、
「ドローン操縦体験会」を開催いたします。

「ドローン操縦体験会」実施要領

1.
当別町と北海道ドローン協会は、一般の方々にも「ドローン」を知り、
ドローンの性能や安全飛行に対するルール等を正しく理解してもらうとともに、
「ドローンの安全の普及」のための、ドローン操縦体験会を開催いたします。

2.日時 2018年9月8日(土) 9:30~12:00

3.会場 北海道ドローン協会 当別ドローン練習場(当別町茂平沢4959)
※雨天・強風時の会場については調整中

4.参加対象 小学生以上(小中学生は保護者同伴)
※当別町外からもお申込みいただけます!遠方からも気軽にお申込み下さい。

5.参加費 無料

6.定員 40名(先着順 要事前申込)

7.お申込方法、お問い合わせ先
「住所・氏名・年齢・連絡先」を当別町経済部商工課ドローン係(📞0133-23-3129)まで

8.申込期限 9月5日(水)まで

9.主催 北海道ドローン協会・当別町

 

 

平成30年北海道胆振東部地震 Emergency Mapping Team @EMTiburi

勢いあまってEMTとつけてしまいましたが、とりあえず今のところ、情報収集と共有を中心に活動します。

電力も復旧しつつあるなか、GIS・リモートセンシング・ドローンによる、災害復旧支援活動が始まってきました。
情報や作業が分散しているので、統合的な情報共有のために作成したページです。

情報をお寄せください。(ビジター投稿も歓迎します)

北海道の復興頑張ろう!

※酪農学園の金子正美先生とNPO法人Digital北海道研究会の三好達也が暫定で運営しています。何かありましたらご意見ください。


https://www.facebook.com/EMTiburi/


●【NEW】ArcGIS Onlineによる山腹崩壊トレースデータの可視化
https://www.arcgis.com/home/webmap/viewer.html…

●【NEW】ひなたGISによる被害状況の可視化
https://hgis.pref.miyazaki.lg.jp/hinata/hinata.html…

●国土地理院
http://www.gsi.go.jp/…/H30-hokkaidoiburi-east-earthquake-in…

●国際航業株式会社
http://www.kkc.co.jp/…/…/disaster/201809_hokkaido/index.html

●株式会社パスコ
https://www.pasco.co.jp/disaster_info/20180906/

●アジア航測株式会社
http://www.ajiko.co.jp/article/detail/ID5G17RXWIH/

●朝日航洋株式会社
https://www.aeroasahi.co.jp/news/detail.php?id=201


▼復興支援活動▼
●平成30年北海道胆振東部地震支援マップ
https://shien.sosmap.jp/hokkaido2018/


▼災害データ関係▼

●【NEW】北海道胆振東部地震 厚真川地区 山腹崩壊トレースデータ
https://github.com/koukita/2018_09_06_atumatyou

●【NEW】北海道胆振東部地震 厚真川地区 山腹崩壊トレースデータ ベクトルタイル
https://github.com/wata909/atsuma_mvt

●地理院タイル
https://maps.gsi.go.jp/development/ichiran.html…

●SPOT衛星画像①
https://www.intelligence-airbusds.com/satellite-image/…

●SPOT衛星画像②
https://www.intelligence-airbusds.com/satellite-image/…


▼ソフトウエア関係▼
●災害時におけるESRI製品貸与プログラム(Disaster Response Program)
http://www.esri.com/services/disaster-response

 

 

 

詳細は下記アドレスをご参照下さい。


https://www.facebook.com/EMTiburi/

 

 

9月5-7日 2018年度精密工学会秋季大会学術講演会(函館アリーナ)のご案内

Digital北海道研究会は、「2018年度精密工学会秋季大会学術講演会」(函館アリーナ)の特別企画、
精密工学会北海道支部活動に積極的に携わっている道内の高専・大学・公設試・NPO 等の活動成果
を発信する「北海道内高専・大学・公設試研究成果展示」に展示出展いたします。

企画: 2018 年度秋季大会実行委員会
日時: 2018 年 9 月5 日(水) ,6 日(木),7 日(金): 9:30~16:00
会場: 函館アリーナ内 「メインアリーナ」

Digital北海道研究会
・Digital北海道研究会の活動紹介

 

詳細は下記アドレスをご参照下さい。
http://www.jspe.or.jp/event/jspe_meeting/2018-09autumn/