第9回北海道測量技術講演会

第9回北海道測量技術講演会

「北海道で想定される巨大地震と災害時における地理空間情報の利活用について」

-北海道における地震津波対策を東北地方太平洋沖地震から考える-

日時:平成24年1月26日(木)13:00~16:30(開場12:30)
会場:札幌第1合同庁舎講堂(2F)(札幌市北区北8条西2丁目1-1)
参加費:無料

【講演課題】
◆「北海道で想定される巨大地震と大津波」
北海道大学・地震火山研究観測センター長
地震観測研究分野・教授 谷岡 勇市郎 氏
◆「地震・津波の対策におけるGISと基盤地図情報の活用」
北海道大学大学院 文学研究科 教授 橋本 雄一 氏
◆「北海道開発局の危機管理体制と今後の地震・津波対策について」
北海道開発局 事業振興部 防災課 防災専門官 盛永 互 氏
◆「東北地方太平洋沖地震における国土地理院の対応」
国土地理院 企画部 防災企画官 永山 透 氏
◆「東北地方太平洋沖地震における基準点成果改定について」
国土地理院 測地部測地基準課 補佐 檜山 洋平 氏

問い合わせ先及び参加申込書送付先:
〒060-0808 札幌市北区北8条西2丁目1-1 札幌第1合同庁舎
国土交通省 国土地理院 北海道地方測量部 次長 成田 次範
TEL:011-709-9299 FAX:011-709-2498
E-mail:narita@gsi.go.jp

主催:国土地理院北海道地方測量部、社団法人日本測量協会北海道支部
後援:北海道開発局、北海道、札幌市、「測量の日」北海道推進協議会、
GIS学会北海道地方事務局、北海道GIS・GPS研究会、
特定非営利活動法人Digital北海道研究会

コメントを残す