速報 「Digital北海道研究会」発足記念講演会

速報 「Digital北海道研究会」発足記念講演会

本日10月25日にDigital北海道研究会が発足しました。

北海道大学学術交流会館で行われた記念講演会では、はじめに本会の会長である齊藤誠一(北海道大学大学院水産科学研究院教授)より、Digital北海道研究会の目的・趣旨・今後の展望について説明いたしました。

その後、福井弘道教授(慶応義塾大学総合政策学部教授、グローバルセキュリティ研究所副所長)から、デジタルアジアプロジェクトを中心に、GISの今後の展望についてお話いただきました。web2.0の発展のようにGISの分野にも変化が起こってきていること(where2.0)、それに対するご自身の取り組みなど、非常に興味深いものでした。
 さらに、竹田宏之氏((財)リモート・センシング技術センター(RESTEC)ALOS-PDサブマネージャ)からは販売を開始したばかりのALOSについて、お話頂きました。
ALOSとはなにか?どのように使えるのか?リモセン分野でこれまで望まれてきた「高解像度をより安価に」どのように応えていくのか?などこちらも今後の展開が楽しみなお話でした。

記念講演会には約110名と大勢の方に参加頂きました。
皆様お忙しい中、どうもありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します。

記念講演会の詳細な報告については、後日発表致します。
どうもありがとうございました。