11月29-30日(木,金)i-Construction Showroom(主催:北海道建設新聞社)のご案内

11月29-30日(木,金)に開催の、「i-Construction Showroom」(主催:北海道建設新聞社)のご案内です。

 

i-Construction Showroomのご案内

「i-Construction Showroom」(主催:北海道建設新聞社)のご案内です。

【開催日時】
2018年11月29日(木) 13:30~17:00
2018年11月30日(金) 10:00~17:00

【会場】:札幌サンプラザ 1階ふれあい広場(001-0024 札幌市北区北24条西7丁目)

【参加費】
・ショールーム:入場無料
・29日 総合評価方式対策・i-conセミナー
受講料:10,000円
・30日 技術セミナー・講演会
受講料:一般:2,000円 協賛団体会員:1,000円

詳細・お申込みは下記PDFファイルをご参照下さい

 

 

 

11月9日(金)第3回 スマート農業セミナー~環境制御型施設園芸の未来~のご案内

Digital北海道研究会は、11月9日開催の「第3回 スマート農業セミナー~環境制御型施設園芸の未来~のご案内」を、一般社団法人北海道産学官研究フォーラムの主催で共催いたします。

【日時】:

2018年11月9日(金) 13:20~15:40(受付13:00~)

【会場】:

札幌駅前ビジネススペース カンファレンスルーム2H
060-0005 札幌市中央区北5条西6丁目 第二北海道通信ビル2階

【開催趣旨】:

一般社団法人北海道産学官研究フォーラムは、2018年11月9日に環境制御型施設園芸について道内先進事例を伺うセミナーを開催いたします。
日本の施設園芸のICT化を考えた場合に、多くが小規模です。大規模重装備施設向けの集中型の高価システムに代わり、必要部分だけをICT化した低コストでの計測制御が可能になる自律分散型の環境制御システムの実用化が求められています。
この度は、北海道養液研究会会長であり。北海道大学北方圏フィールド科学センター教授の荒木肇氏をメインスピーカーにお迎えして、環境制御型施設園芸の未来をテーマに、お話いただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム:

 

13:20~13:25 開催の挨拶

13:25~14:05 基調講演・「環境制御型施設園芸の未来」
北海道大学北方生物圏フィールド科学センター 教授 荒木肇氏
14:05~14:35 講演2
・「北海道における養液栽培の事例と今後の展開」
干場ファーム 干場法美氏

14:35~14:55 講演3
・「施設園芸における環境制御技術は何故必要か」
株式会社誠和 堂坂哲史氏

14:55~15:15 講演4
・「簡易的な養液供給装置による養液栽培システム」
住化農業資材株式会社 渡辺弘巳氏

15:15~15:40 フリーディスカッション

 

【参加費・お申込】:

参加費: 一般(どなたでもご参加いただけます) 3,000円
主催・共催団体の会員、および官公庁・自治体 2,000円

主催:一般社団法人北海道産学官研究フォーラム
共催:北海道高度情報化農業研究会、特定非営利活動法人Digital北海道研究会

下記アドレスよりお申し込み下さい(Webフォームお申込み)。
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/17022

FAXお申込用紙PDFは下記アドレス掲載のものをご利用下さい。
https://h-sangakukan.jp/seminar/1456

Webフォームがご利用できない環境の場合は、件名を「【参加申込】11月9日(月)第3回 スマート農業セミナー」とし、本文に参加者氏名、会社・団体名、住所、メールアドレス、電話番号、会員区分(会員・非会員・官公庁・自治体・独立行政法人等)、お支払い方法(会場支払い・銀行振込[請求書不要]・銀行振込[郵送の請求書が必要])、を明記の上、下記を参考にinfo@h-sangakukan.jpまでお送りください。

宛先:info@h-sangakukan.jp
件名:【参加申込】11月9日(月)第3回 スマート農業セミナー
本文
参加者氏名:(複数人の場合は複数氏名をご記載下さい)
会社・団体名:
住所:
メールアドレス:
電話番号:
会員区分:(会員・非会員・官公庁・自治体・独立行政法人等)
お支払い方法:(会場支払い/銀行振込[請求書不要]/銀行振込[郵送の請求書が必要])

【主催・お問い合わせ】:

主催:一般社団法人北海道産学官研究フォーラム
共催: 産学官CIM・GIS研究会特定非営利活動法人Digital北海道研究会、北海道高度情報化農業研究会、(50音順)
後援:北海道養液栽培研究会

 

連絡先:〒060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1 ストークマンション札幌507号
一般社団法人北海道産学官研究フォーラム
TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070 E-mail:forum@sangaku2.sakura.ne.jp(担当 藤原)

 

 

11月6日(火)平成30年北海道胆振東部地震・地理空間情報活用懇談会のご案内

【開催趣旨】:
平成30年9月6日3時7分に北海道胆振地方中東部を震源地として「北海道胆振東部地震」が発生しました。地震の規模はMj 6.7、震源の深さは37 kmで、厚真町鹿沼で最大震度7を観測しました。地震の発震機構は東北東-西南西方向に圧力軸を持つ逆断層型で、地殻内で発生した地震であります。

この度の地震発生後、関係各機関による調査が行われておりますが、この度主に地理空間情報を用いた地震発生後の震源地周辺の現状把握などについて各関係機関の情報の共有や意見交換を図るべく情報交換と懇談の場として、「平成30年北海道胆振東部地震・地理空間情報活用懇談会」を開催いたします。
是非多くの皆様のご参加をお待ちしています。

呼びかけ人 特定非営利活動法人 北海道総合地質学研究センター(HRCG)理事 山岸宏光

【日時】:平成30年11月6日(火) 15:00~17:30(受付14:45~)

【会場】:かでる2・7 1030会議室
札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル10階

【参加費】:無料

【お申込み】:下記Webフォームよりお申し込み
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/17358

 

【プログラム】:
15:00~15:10 開会の挨拶
特定非営利活動法人 北海道総合地質学研究センター(HRCG)理事 山岸宏光氏、
国土地理院北海道地方測量部長 山後公二氏

15:10~15:40 話題提供1
「平成30年北海道胆振東部地震における国土地理院の取組み」
国土地理院北海道地方測量部次長 清水乙彦氏

15:40~16:10 話題提供2
「平成30年北海道胆振東部地震における斜面崩壊のトレースと現地での利用」
北海道総合政策部情報統計局情報政策課 喜多耕一氏

16:10~16:35 話題提供3
「 平成30年北海道胆振東部地震における 当社の取組み」
日本写真測量学会会員(株式会社シン技術コンサル) 齋藤健一氏

16:35~16:40 休憩

16:40~17:10 話題提供4
「平成30年北海道胆振東部地震におけるEMTの活動について」
酪農学園大学教授 金子正美氏・他

17:10~17:30 フリーディスカッション

【お問い合わせ】:特定非営利活動法人Digital北海道研究会 office@dghok.com

 

【呼びかけ先】:

(学会・研究機関)

  • 日本地すべり学会北海道支部
  • 日本応用地質学会北海道支部
  • 砂防学会北海道支部
  • 地理情報システム学会北海道支部
  • NPO法人Digital北海道研究会
  • 一般社団法人北海道産学官研究フォーラム
  • 日本写真測量学会北海道支部
  • 北海道総合地質学研究センター
  • NPO法人環境防災研究機構北海道(CEMI北海道)
  • 寒地土木研究所
  • 北海道立総合研究機構
  • 他各種団体

 

(事務局)

  • NPO法人Digital北海道研究会

 

10月27日(土)小樽マッピングパーティー#02 スマートフォンを持って小樽の街歩き

小樽マッピングパーティー
2018年10月27日(土)

参加者募集中!第2回小樽マッピングパーティー

お申込み・詳細は下記アドレスをご参照下さい
https://dgh.connpass.com/event/102704/

開催趣旨

まちづくりにおいて、地図は基本的な資料です。 オープンストリートマップの更新の仕方を学び、小樽のオープンな地図作りに参加してみませんか? 今回はスマートフォンのGPSを利用し、屋外で街を散策しながら地図編集を学びます!

今回のマッピングパーティーは、誰でも自由に参加して、誰でも自由に編集でき、誰でも自由に無料で利用する事ができ、ポケモンGOなどの背景やデータベースにも用いられているオープンストリートマップ(OpenStreetMap)というweb地図データサービスについて学び、参加者のみなさんでワイワイ編集を行うイベントです。

集合場所は小樽名物花園だんごでお馴染み、小樽新倉屋(おたるにいくらや)【花園本店】の2階レンタル会議室です。

散策エリア:花園商店街付近。

参加対象

  • これから地図を編集し、小樽地域の地図の情報を充実させたい方
  • 地図の編集を利用した、まちづくりに興味の有る方
  • オープンストリートマップについて知り、地図の編集を自分で行いたい方
  • これから地図の編集を利用した情報発信を始めたい方
  • OpenStreetMapについての情報交換
  • 学生の方も、一般の方も、地図の編集やOSMに興味が有りましたらどなたでも参加できます
  • お子さまを連れてのご参加歓迎します。託児所はありませんので必ずご同伴ください。また、座席の準備のため、申し込み時のフォーム自由連絡欄からご同席人数をご連絡ください
  • 備考:初心者大歓迎(初心者向けの説明・解説有り)

※イベントの開催の様子を記録として撮影し、公開する予定がございます。あらかじめご了承ください。

集合場所・会場

新倉屋レンタル会議室

散策エリア:花園商店街付近

047-0024 小樽市花園1-3-1

(花園だんご「新倉屋」2階)

散策エリア:花園商店街付近

  • JR函館本線小樽駅より徒歩15分
  • 電源提供有り(電源タップの持参にご協力下さい)
  • 会議室内はwi-fi提供有り(※散策中のネットワーク回線はご自身で各自ご用意下さい。通信SIM・ポケットwifiルーター等)

会場は禁煙です。

タイムスケジュール

時間 内容 詳細
10:10〜 開場・受付開始
10:30〜11:00 オープンストリートマップ解説・街歩きマッピングの注意事項 講師:OpenStreetMap Foundation Japan 運営委員
株式会社MIERUNE 古川泰人さん
11:00〜15:00 調査・散策・昼食 散策エリア:花園商店街付近(昼食各自・気になる小樽のランチを食べに行きましょう)
15:00〜16:00 データ入力 古川さんの解説と実習
(ノートパソコン、またはスマートフォンを使用して地図の編集を行います)
16:00〜16:30 成果発表・まとめ 成果発表とまとめ

※適時休憩を挟みます。

講師

講師 古川 泰人 さん

OpenStreetMap Foundation Japan 運営委員 株式会社MIERUNE

持ち物

  • iOSもしくはAndroidが動くスマートフォンやタブレット(通信SIM・回線などは各自にてご用意下さい
  • スマホのアプリ(※ご案内準備中です。OSMに関するアプリを準備の上ご参加下さい。ご案内更新をお待ち下さい)
  • ノートパソコン(iOS/Androidタブレットは不可。会議室内のみwi-fi,電源の提供あり。電源タップの持参にご協力下さい。)
  • マウス
  • 筆記用具
  • 昼食費用(昼食費各自)

地図の編集ソフトについて:スマートフォン上から編集を行います(他に自分の得意な編集方法でもOKです)。

スマートフォンの他に、オープンストリートマップをブラウザ上で表示できるノートパソコンをご持参ください。

PC(Linux / MacOS / Windows): Javaランタイム + JOSMでの編集もOKです。

※地図の編集操作を行います。快適な操作のためにマウスの持参をお勧めいたします。

事前準備

参加費

無料(事前にWebから参加お申込下さい)

※ 欠席される場合は、お手数ですが速やかにキャンセル処理をお願いいたします。

取材について

「小樽マッピングパーティー」への取材をご希望のプレス関係者の方は、イベント申し込みサイトconnpassの小樽マッピングパーティー参加区分「取材(メディア関係の取材)」を選択してお申込みいただくか、またはoffice@dghok.com(Digital北海道研究会事務局)へメールにてお申し込みください。

(取材の方は来場時間自由、取材席用意、入退室自由など詳細は当日ご相談の上で柔軟に対応をいたします。)

主催

主催:NPO法人チャレンジサポート北海道

後援:特定非営利活動法人Digital北海道研究会

※本イベントは平成30年度小樽市ふるさとまちづくり協働事業の採択を受けております。

お問い合わせ

イベント参加に関するお問い合わせはoffice@dghok.com(Digital北海道研究会事務局)へお願いいたします。

お問い合わせフォームもご利用いただけます(対応時間帯:平日9:00-17:30)。

返信が必要な場合はメールアドレスを記載くださいますようお願いいたします。

参考情報

前回のマッピングパーティーを小樽経済新聞にてご紹介いただきました。

小樽でマッピングパーティー 街を歩かずにネット上の地図作り

https://otaru.keizai.biz/headline/540/

facebook掲載のイベント告知は下記のアドレスをご参照下さい

https://www.facebook.com/events/240737786786513/

 

お申込み・詳細は下記アドレスをご参照下さい
https://dgh.connpass.com/event/102704/

10月26日(金) 日本写真測量学会北海道支部 平成30年度 秋季特別講演会のご案内

平成30年度 秋季特別講演会 【測量CPD対象予定】のご案内です。

―参加申し込み必要―

☆開 催 日 時 : 平成30年10月26日(金)  13:30~16:45
(支部会役員の方は、役員会12:45~にご出席下さい)

☆開 催 場 所 : 札幌市男女共同参画センター 大研究室(4階)
〒060-0808 札幌市北区北8条西3丁目 札幌エルプラザ内

☆参 加 料 : 無料

☆講演資料代 : 無料(北海道支部会員・発表者および学生)
500円  (一般)

---------------------------------

[スケジュール・プログラム]

―決まり次第お知らせします―

---------------------------------
☆懇親会:
懇親会(会費 : 3,500円前後)を開催致しますので、多数ご出席下さい。

お申込み・詳細は下記アドレスをご参照下さい。
http://www.jsprs-hkd.org/

10月19日(金)第2回 産学官協力懇談会~大変革の21世紀―持続可能な新文明を目指して~のご案内

 

【開催趣旨】

この度、第15代北海道大学総長として活躍された後も、放送大学学長、北海道開拓記念館館長、地方独立行政法人北海道立総合研究機構理事長などの要職を歴任して来られた丹保憲仁(たんぼのりひと)氏を講師に迎えて「大変革の21世紀―持続可能な新文明を目指して」というテーマで講演をいただく運びとなりました。人口減少下の中で活力を維持しながら安全で自然と共生しうる社会の創出のために、どのような価値観で取り組んでいくべきかを語っていただきます。是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【開催日時・会場】

産学官協力懇談会~大変革の21世紀―持続可能な新文明を目指して~
【日時】:
10月19日(金) 15:00-17:00 (終了後懇談会17:20-19:20/参加費別途)

【会場】:
札幌駅前ビジネススペース カンファレンスルーム2H
060-0005 札幌市 中央区北5条西6丁目1−23 第二北海道通信ビル2階

【プログラム】

15:00~15:05 開会の挨拶

一般社団法人北海道産学官研究フォーラム 理事長 三上 隆

15:05~16:35 講演 「大変革の21世紀―持続可能な新文明を目指して」

財団法人北海道河川財団 会長 丹保 憲仁(たんぼ のりひと)氏

【プロフィール】:平成24年より財団法人北海道河川財団会長。
平成22年~平成30年地方独立行政法人北海道立総合研究機構理事長。
北海道大学および放送大学名誉教授。工学博士。専門は環境工学。
北海道出身。国際水協会(IWA)会長、北海道大学総長、放送大学学長などを歴任。

16:35~16:55 質疑応答

16:55 閉会の辞

17:20-19:20 同会場「カンファレンスルーム2J」にて懇談会(事前申込・懇談会費別途)

【お申し込み】

参加費

  • 一般 3,000円
  • 主催・共催団体会員 2,000円
  • 官公庁・自治体 2,000円
  • (懇談会に参加する場合は別途懇談会費4,000円)

下記アドレスWebフォームよりお申し込み下さい。

https://eipo.jp/dghok/seminars/view/16287

FAXお申込用紙PDFは下記よりご利用下さい。
https://h-sangakukan.jp/seminar/1370

Webフォームがご利用できない環境の場合は、件名を「【参加申込】10月19日(金)第2回 産学官協力懇談会」とし、本文に参加者氏名、会社・団体名、住所、メールアドレス、電話番号、会員区分(会員・非会員・官公庁・自治体・独立行政法人等)、お支払い方法(会場支払い・銀行振込[請求書不要]・銀行振込[郵送の請求書が必要])、懇談会(懇談会費別途4,000円)参加の有無、を明記の上、下記を参考にinfo@h-sangakukan.jpまでお送りください。

宛先:info@h-sangakukan.jp
件名:【参加申込】10月19日(金)第2回 産学官協力懇談会
本文
参加者氏名:(複数人の場合は複数氏名をご記載下さい)
会社・団体名:
住所:
メールアドレス:
電話番号:
会員区分:(会員・非会員・官公庁・自治体・独立行政法人等)
お支払い方法:(会場支払い/銀行振込[請求書不要]/銀行振込[郵送の請求書が必要])
懇談会(懇談会費別途4,000円)参加の有無:

 

【主催・連絡先】

【主催】:一般社団法人北海道産学官研究フォーラム
【共催】:産学官CIM・GIS研究会、特定非営利活動法人Digital北海道研究会
お問い合わせ:
一般社団法人北海道産学官研究フォーラム (担当 藤原)
060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1ストークマンション札幌507号
TEL 011-374-6836
FAX 011-299-5070
E-mail:info@h-sangakukan.jp

10月17,18日(水,木) GIS講習会開催のご案内

 

【開催概要】:

Digital北海道研究会では、毎年、酪農学園大学と建設コンサルタンツ協会と共催でGIS講習会を開催しております。今年度もArcGISの初級・中級編の講習を開催する事といたしました。
この講習会は、実際にパソコンを操作しながら、GISツールをどのように適用するのかを修得して頂くことを目的としております。
以下の開催要領を熟読の上、ご参加下さるようお願いいたします。
本講習は建設コンサルタンツ協会発行のCPD対象講習の予定です。

【会場】:酪農学園大学A1号館3階PC5教室

■2018年10月17日(水)
ArcGIS Pro 初級編

  • 建設コンサルタンツ協会会員:無料(講習会テキストをダウンロードし、各自印刷の上でご持参下さい。)
    お申込み時のメールアドレスにzipファイルの解凍パスワードをご連絡いたします。
  • 酪農学園大学学生:無料(テキストは当日会場にてお渡しいたします)
  • Digital北海道研究会会員:4,000円(テキストは当日会場にてお渡しいたします)
  • 一般(非会員):8,000円(テキストは当日会場にてお渡しいたします)

■2018年10月18日(木)
ArcGIS Pro 中級編

  • 建設コンサルタンツ協会会員:無料(講習会テキストをダウンロードし、各自印刷の上でご持参下さい。)
    お申込み時のメールアドレスにzipファイルの解凍パスワードをご連絡いたします。
  • 酪農学園大学学生:無料(テキストは当日会場にてお渡しいたします)
  • Digital北海道研究会会員:4,000円(テキストは当日会場にてお渡しいたします)
  • 一般(非会員):8,000円(テキストは当日会場にてお渡しいたします)

GIS講習会の詳細は下記アドレスよりPDFファイルをご参照下さい。
https://dghok.com/wp-content/uploads/2018/10/2018-10-17.18_rakunouGIS.pdf

参加お申込は、下記フォームよりお願いいたします。
(申し込みを代理で複数名登録するときは、別々に登録をお願いいたします)
GIS講習会お申込みWebフォーム
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/16366

【講習会対象者】:

【初級編】:

・GISに興味のある技術者や業務に適用したいが適用方法がわからない技術者
・新入社員(できれば、入社2年目以降で実務を経験している若い技術者を希望)

【中級編】:

・初級編受講者または、同等の知識のある方

【日時・会場】:

開 催 日 内 容 場 所 募集人員
10月17日(水) ArcGIS Pro初級編 酪農学園大学A1号館3階
PC5教室
建コン会員20
その他20名
10月18日(木) ArcGIS Pro中級編 酪農学園大学A1号館3階
PC5教室
建コン会員20名
その他20名

 

【講習スケジュール(予定)】:

※初級編と中級編で、開始時間、終了時間が異なりますのでご注意願います。
また適宜、講習の進行具合を見ながら休憩を入れます。

10/17(木)初級編 9:45~17:00
9:45~10:00 受付
10:00~12:00 講習
12:00~13:00 昼休み
13:00~17:00 講習

 

10/18(金)中級編 9:00~14:30
9:00~9:15 受付
9:15~12:00 講習
12:00~13:00 昼休み
13:00~14:30 講習

使用パソコン、使用ソフトについて

会場の酪農学園大学の設備を利用しますので、パソコン、データは持参不要です。
ソフトはESRI社 ArcGIS Proを使用します。

テキストデータのダウンロードと印刷について

受講者にテキストのダウンロードをご案内をいたしますので、
受講するコースのテキストをダウンロードし、印刷して持参願います。
(※建設コンサルタンツ協会会員の参加者は各自にて印刷が必要です)
お申込み時のメールアドレスにzipファイルの解凍パスワードをご連絡いたします。

※酪農学園大学学生、Digital北海道研究会会員、一般参加の参加者につきましては、当日会場にて印刷テキストをお渡しいたします。

講習会お申込み方法

Digital北海道研究会のWebページ(https://dghok.com/event/2945.html)
に掲載のWebフォームよりお申込みください。

GIS講習会Webお申込みフォーム
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/16366

その他注意事項

本講習はCPD対象プログラムとなっております。
プログラム番号等CPDの詳細は、(一社)建設コンサルタンツ協会ホームページCPD情報(https://cpd.jcca.or.jp/)に公開いたします。

酪農学園大学駐車場の駐車券をお持ちの場合は、当日受付時に受付担当までお申し出下さい。押印いたします。

10月9日(火) 森林GISフォーラム 平成30年度 地域シンポジウム in 北海道のご案内

10月9日(火) 森林GISフォーラム 平成30年度 地域シンポジウム in 北海道のご案内です。

================ (案内) ================
森林GISフォーラム 平成30年度 地域シンポジウム in 北海道
開催日:10月9日(火)11時00分~16時30分
場所:かでる27 1060,1070研修室(〒060-0002 札幌市中央区北2西7)
http://homepage.kaderu27.or.jp/
主催:森林GISフォーラム(http://fgis.jp/)

《プログラム》(予定)※プログラムは予告なく変更となる場合があります。
■【賛助会員による森林GISのデモ】 11時~16時(かでる27 1070号室)
賛助会員:社団法人 日本森林技術協会

■【シンポジウム】 13時10分~17時00分(かでる27 1060号室)
●13:10 開会宣言
●13:10 会長あいさつ
●13:20 【講演】
・濱坂 晃(石狩森林室)
「民有林におけるUAV(無人航空機ドローン)の活用事例について」
・喜多 耕一(北海道総合政策部情報統計局情報政策課)
「胆振東部地震における山腹崩壊地のトレースと現地での利用について(仮)」
・古家 直行(森林総合研究所北海道支所)
「マルチセンサによる天然林持続的管理に向けた森林モニタリング」
●15:20 - 休憩(賛助会員デモンストレーション) -
●15:40 【賛助会員企業等による話題提供】
話題提供の内容については調整中(2件程度を予定)
●16:40 総合討論、話題提供など
●17:00 閉会あいさつ

■申込方法:参加費無料。事前申込不要です(定員 約100名)。
シンポジウム後の懇親会は要申込(4, 000円を予定)

■問合せ先:森林総合研究所 方 森林GISフォーラム事務局 高橋 正義
Tel:029(829)8314 E-mal:o-info@fgis.jp
北海道立総合研究機構林業試験場 菅野 正人
Tel:0126(63)4164(内線345) E-mal:kanno-masato@hro.or.jp
================ (案内終了) ================

9月26日(水) 第11回 GISコミュニティフォーラム in 北海道のご案内

第11回 GISコミュニティフォーラム in 北海道のご案内です。

日程:

9 月 26 日(水)10:30~17:30(受付開始10 時)

会場:

ACU-A(アスティ45 16階) 1606号室

主催:

ESRIジャパンユーザ会

参加費:

無料・事前登録制

内容:

基調講演、事例発表、テクニカルセッション、体験セミナー、ESRIジャパン製品展示、懇親会

詳細プログラムはこちら

後援 :

特定非営利活動法人 EnVision環境保全事務所
GITA-JAPAN
地方公共団体情報システム機構
一般社団法人 地理情報システム学会
デジタルアース日本学会
特定非営利活動法人 Digital北海道研究会
日本地図学会
一般社団法人 日本リモートセンシング学会
(50音順)

事務局:

ESRIジャパンユーザ会事務局
TEL: 03‐3222-3941
FAX: 03‐3222-3946
e-mail:forum@esrij.com

お申込み、詳細は下記アドレスをご参照下さい。

https://www.esrij.com/events/details/109544/

【地震の影響により開催延期します】9月18日(火) 第8回 産学官CIM・GIS情報交換会(会員限定企画)のご案内

【地震の影響により開催延期します】

Digital北海道研究会は9月18日(火) 開催の、「第8回 産学官CIM・GIS情報交換会」を産学官CIM・GIS研究会の主催で共催いたします。この度の会員限定企画につきましては、Digital北海道研究会会員の方も参加いただけますので、ご興味がありましたらぜひご参加下さい。

【開催趣旨】:

この度、パナソニック株式会社の松山氏をお招きして、4Kカメラの画像を活用した事例について話題提供をいただくともに、副座長の金井先生より、SFMの活用事例を紹介いただき、幹事の岩田地崎建設株式会社の河村氏より7月18日に開催された北海道地理空間フォーラムin札幌の建設セッションの報告と事例の紹介をいただきます。是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。(会員限定企画、主催・共催団体会員・官公庁・自治体  参加費 2,000円)

【開催日時】:

2018年9月18日(火)16:00~18:00 (受付15:40~)

終了後、「サントリーズガーデン 昊」にて懇親会18:20~20:20 (別途4,000円)

【会場】:

札幌駅前ビジネススペース カンファレンスルーム2J(定員50名)
060-0005 札幌市中央区北5条西6丁目1-23 第2北海道通信ビル2F

【プログラム】:

話題提供1

「建設業の生産性向上に向けたパナソニックの技術/ソリューションご紹介」
パナソニック株式会社 CNS社イノベーションセンター 主任技師 松山 保男 氏

話題提供2

「インフラ点検におけるSFMモデル生成品質に関する課題」
北海道大学大学院情報科学研究科 教授 金井 理 氏

話題提供3

「地理空間フォーラムin札幌の建設セッションの報告等」
岩田地崎建設株式会社 執行役員技術部長 河村 巧 氏

話題提供4

「UAVレーザーによる計測事例の紹介」
テラドローン株式会社北海道支社営業部 傳寶 翼 氏

18:20-20:20 懇親会

終了後、「サントリーズガーデン 昊」にて懇親会(事前申込・懇親会費別途4,000円)

【参加費・お申込み】:

主催・共催団体会員・官公庁・自治体 会員限定 参加費 2,000円、懇親会別途4,000円

下記Webフォームにてお申込み。
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/16325

参加締切り 9月13日(木)
定員 情報交換会 50名
懇親会 25名

Webフォームがご利用できない環境の場合は、件名を「【参加申込】9月18日(火)第8回 産学官CIM・GIS情報懇談会」とし、本文に参加者氏名、会社・団体名、住所、メールアドレス、電話番号、会員区分(会員・非会員・官公庁・自治体・独立行政法人等)、お支払い方法(会場支払い・銀行振込[請求書不要]・銀行振込[郵送の請求書が必要])、懇談会(懇談会費別途4,000円)参加の有無、を明記の上、下記を参考にinfo@h-sangakukan.jpまでお送りください。

宛先:info@h-sangakukan.jp
件名:【参加申込】9月18日(火)第8回 産学官CIM・GIS情報交換会
本文
参加者氏名:(複数人の場合は複数氏名をご記載下さい)
会社・団体名:
住所:
メールアドレス:
電話番号:
会員区分:(会員・官公庁・自治体・独立行政法人等)
お支払い方法:(会場支払い/銀行振込[請求書不要]/銀行振込[郵送の請求書が必要])
懇談会(懇談会費別途4,000円)参加の有無:

 

 

主催・共催

主催:産学官CIM・GIS研究会
共催:一般社団法人北海道産学官研究フォーラム、
特定非営利活動法人Digital北海道研究会

お問い合わせ

一般社団法人北海道産学官研究フォーラム 事務局(担当:藤原)
060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1ストークマンション札幌507号室
TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070 E-mail:info@h-sangakukan.jp