GIS Day in 北海道2017開催のお知らせ(11月22-23日)

GIS Day in 北海道 2017

<概要>

GIS Day in 北海道 2017は、日本リモートセンシング学会の学術講演会の特別セッションとして、11/22(水)に開催します。

※学術講演会の詳細については、こちらをどうぞ。

【今年のテーマ】 「農業における空間情報の活用」

【場所】 酪農学園大学

【日時・内容】

11月22日(水) 特別セッション・交流会

11月23日(木) 講習会・特別セッション(1日目の続き)

※特別セッションは、1日目・2日目どちらか一つだけでも参加可能です。

〔特別セッション〕:空から宇宙から農業・アイデイアソン

  • 1日目 アイディアソン: 11月22日(水) 14:15受付開始~16:30閉会(定員40名)

「写真・画像を使って農業で何ができるか皆で考えよう」

場所:酪農学園大学 中央館2F

  • 2日目 データソン : 11月23日(木)9:45受付開始~13:00閉会 (定員20名)

「実際に写真・画像を使ってアイディアを実現してみよう」

場所:酪農学園大学 A1号館3F GISRoom

特別セッション「空から宇宙から農業・アイディアソン」

・特別セッションプログラム詳細:PDF(クリックすると開きます。)

※日本リモートセンシング学会学術講演会の一部として開催します。

※定員となりましたので、募集を締め切らせていただきました。ありがとうございました。

〔講習会〕 ※講習会は2コースございます。ご希望コースの申込みフォームからご連絡ください。

日時:11/23(水)

場所:酪農学園大学 A1号館3F PC教室4及び5

コース1. 「Survey 123 を用いたフィールドワークとArcGIS」

  • 定員:40名
  • 時間:午前の部 9:30 - 11:30

午後の部 13:00 - 17:00

  • 場所:酪農学園大学 A1号館3F PC4教室
  • 講師 :ESRI ジャパン株式会社
  • 講習会内容:

-午前の部

マップの作成、共有や利用を、いつでもどこでも行える環境を提供するクラウドGIS、ArcGIS Onlineを体験して頂きます。

ArcGIS Onlineの各種機能の 紹介や、ArcGIS Desktopとの関連等について、講習を通じて学びます。

-午後の部

ArcGIS Appsの一つである「Survey123 for ArcGIS」の体験を通じて、情報の共有や収集方法を学んでいきます。

具体的には、晩秋の酪農学園大学や森林公園を散策しながら、テーマに応じた写真を撮り、ストーリーマッピングを行います。

「爽やかな晩秋の季節感を体験しながら、ArcGISをいっしょに学びませんか?」

  • 注意事項

-午後の部ではフィールドワークを行います。動きやすく、寒くない装いでお越しください(少雨決行予定)。

-写真撮影は皆さんがお持ちのスマートフォンを使って行います。グループに分かれてフィールドワークを行いますのでスマートフォンをお持ちでない方でも参加可能です。

ArcGIS講習会参加申込みフォームは、こちら。 ※申込み〆切:11月17日(金)まで延長しました。

◆コース2.「ENVI初級講習会」

  • 定員:40名
  • 時間:10:00 -17:00
  • 場所:酪農学園大学 A1号館3F PC5教室
  • 講師: Exelis VIS株式会社
  • 講習会内容:リモートセンシングの代表的なソフトのひとつENVIの講習会

・ENVIの概要

・ENVIインターフェースの概要

・ディスプレイツールについて、環境の設定

・ENVIを利用した画像操作(画像の表示、画像の比較、画像を閉じる、画像の解析)

・ENVIの拡張 ENVI+IDL

・APPENDIX A: INTERLEAVEについて

・APPENDIX B: 分類法の特徴

・APPENDIX C: 幾何補正

・APPENDIX D: フリーデータ入手先

・事例紹介(SARデータの事例紹介)

ENVI講習会参加申込みフォームは、こちら ※申込み〆切:11月17日(金)まで延長しました。

〔交流会〕

日時:11月22日(水)19時頃~2時間程度

  • 場所:札幌駅付近
  • 定員:60名
  • 参加申込みは、こちら。 ※申込み〆切:11月10日(金)まで延長しました。

SIP 維持管理技術のデモンストレーションと 社会実装に向けた意見交換会8月8日(火)[室蘭] のご案内

地域協働型インフラアセットマネジメント実装に関する研究
SIP 維持管理技術のデモンストレーションと 社会実装に向けた意見交換会

日 時 >> 2017年8月8日(火) 受付開始12:30 開会13:00 閉会17:30

デモ開催場所 >> 一般国道37号室蘭市白鳥新道白鳥南高架橋P3橋脚
意見交換会開催場所 >> ホテル・セピアス 3F 丹頂の間

コーディネーター:室蘭工業大学大学院 教授 木幡 行宏
横浜国立大学 先端科学高等研究院 上席特別教授 藤野 陽三
内閣府参与総合科学技術イノベーション会議 SIPプログラムディレクター 併任

 

プログラム
第1部13:00~14:30
SIP維持管理技術のデモンストレーション
二輪型マルチコプタによる橋梁点検
第2部15:00~17:30
SIP維持管理技術講習と意見交換会
第3部18:00~20:00
情報交換会
挨拶(SIPの概要)
橋梁の維持管理と点検 室蘭工業大学大学院 准教授 小室 雅人
富士通(株) セーフティソリューション事業本部 沢崎 直之
二輪型マルチコプタを用いた橋梁点検支援ロボットシステム
北海道大学大学院 教授 金井 理
三次元データを活用した橋梁維持管理について

 

主催 >> 室蘭工業大学
後援 >> 国土交通省北海道開発局、北海道、室蘭市、国立研究開発法人土木研究所寒地土木研究所
一般社団法人北海道建設業協会、一般社団法人建設コンサルタンツ協会北海道支部、一般社団法人北海道舗装事業協会
主 催 >> 室蘭工業大学

お問い合わせ先 TEL:0143-46-5281(木幡)
※入場無料(情報交換会のみ 会費:4,000円)、事前申し込み不要。直接会場にお越しください。(定員150名)

https://dghok.com/wp-content/uploads/2017/08/20170808_SIP.pdf

第14回産学官CIM・GISセミナーのご案内

~インフラメンテナンスにおける情報管理について~
【開催目的】
社会基盤構造物は、建設された後も適切な維持管理を行い構造物の長寿命化や維持管理コストの最適化を実現していかなくてはなりません。この度、当研究会の座長でありライフタイム工学分野で活躍されている北海道大学大学院工学研究院の横田弘教授をメインスピーカーとして、インフラメンテナンスにおける情報管理に関するセミナーを企画致しました。次に国土交通省や経済産業省では今後増大するインフラ点検を効果的・効率的に行い、災害現場の調査や応急復旧を迅速かつ的確に実施する実用性の高いロボットの開発・導入を促進していますが、一般財団法人先端建設技術センターの緒方正剛氏には、「インフラ用ロボット情報一元化システムについて」お話を伺います。また㈱岩崎の山本氏には、ドローンを活用した橋梁の維持管理についてお話を伺います。是非多くの皆様のご参加をお待ちしています。(この度のセミナーは(一社)建設コンサルタンツ協会継続教育(CPD)プログラム登録講習の予定です。)

■開催日時:2017年8月29日(火)13:20~15:45 懇親会 17:00~19:00
■開催場所:かでる2・7 1060会議室 懇親会 サントリーガーデン 昊(そら)(北5西5 JR5・5ビル8F)
〒060-0002 札幌市中央区北2条西7丁目  TEL 011-204-5100
■プログラム:
13:20~13:25  開会の挨拶
13:25~14:10  基調講演「インフラメンテナンスに必要な情報」
北海道大学大学院工学研究院教授 横田 弘氏
14:10~15:00 講演2「インフラ用ロボット情報一元化システムについて」
一般財団法人先端建設技術センター技術調査部参事 緒方 正剛氏
15:00~15:05 休 憩
15:05~15:35 講演3 「ドローンを活用した橋梁の維持管理について」
株式会社岩崎企画開発グループ 3次元計測チーム 係長  山本 紀彦氏
15:35~15:45 事務局報告「UAVによる写真計測に基づいた3次元モデル生成実証計画・他」

■参加費:一般3,000円、主催・共催団体・官公庁・自治体職員 2,000円(定員80名)
懇親会 4,000円 サントリーガーデン 昊
■振込先:北洋銀行 北7条支店(普)4100604 一般社団法人北海道産学官研究フォーラム 宛
■主 催:産学官CIM・GIS研究会
■共 催:(一社)北海道産学官研究フォーラム、(特非)Digital北海道研究会
■後援依頼先:(一社)建設コンサルタンツ協会北海道支部、(一社)北海道建設業協会、
(一社)北海道測量設計業協会、(一社)日本写真測量学会北海道支部、(公社)土木学会北海道支部
■事務局・連絡先:産学官CIM・GIS研究会(担当 藤原)
〒060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1ストークマンション札幌507号室
TEL 011-374-6836 FAX 011-299-5070 E-mail:forum@sangaku2.sakura.ne.jp

セミナーの詳細は下記のURLをご覧下さい。
http://sangaku.tank.jp/wp2/wp-content/uploads/2017/07/20170829No14CIMGIS.pdf
お申込みは、下記のURLからお願いします。
懇親会参加の場合は、備考欄に懇親会参加とご記入下さい。
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/8710