リモートセンシング講習会を開催いたしました

酪農学園大学にて、リモートセンシング講習会を開催いたしました。
雨が降ったり止んだりの足元も悪い中、今回のイベントでは29名もの方がご参加くださいました。

 午前は、リモートセンシングに関する基礎講義と、無料のリモートセンシング解析ソフト「MultiSpec」を使って、札幌周辺の衛星画像(Landsat)を表示させました。午後からは、画像の分類についての講義と実習を行いました。
講師の飯坂先生の熱意ある講義で、大変有益な時間を過ごすことができました。
多くの方がリモートセンシングに触れ、地表の現実を見る技術を身に付けてほしいという思いを感じました。

 

実習に使用したソフトについては、こちらに記載してあります。
無料ですので、どなたでも利用可能です。

MultiSpec
http://www.dghok.com/modules/d3forum/index.php?post_id=47

 

その他、印象に残った内容を記述しておきます。
・Landsat1号はなぜ解像度80mか?
  →アメリカの農地の大きさの平均サイズという理由。
・Landsat5号(TM)はなぜ解像度30mか?
  →世界の農地面積の平均という理由
・波長を細かく記録したHyperSpectolを利用すると作物の糖分や淡白質がわかり、精密農業に利用できる。

・画像分類の原理

来週の15日(火)は、飯坂先生のSARの講習会が開催されます。
奮ってご参加ください。
【衛星リモートセンシングGIS 活用セミナーのご案内 】http://www.dghok.com/modules/eguide/event.php?eid=36

Digital北海道研究会では、今後も様々なイベントを行っていく予定ですので、ご期待下さい。

リモートセンシング講習会を開催します

リモートセンシング(人工衛星画像の解析)の講習会を開催いたします。

 

日時:7月12日(土)10:00~16:00
場所:酪農学園大学第一校舎3階PC5教室
講師:飯坂譲二先生(カナダヴィクトリア大学地理学科教授)
主催:酪農学園大学
共催:NPO法人Digital北海道研究会

 

 講師の飯坂先生は、「日本で最初にリモートセンシングを始めた先駆者」といえる著名な方で、日本に帰国されている限られた滞在期間の中で、本学でのご講演と講習会が実現したものです。

「MultiSpec」というフリーのソフトウェアを使用し、リモートセンシングの入門編から応用編まで一通りレクチャーしてくださいます。
リモートセンシング初心者、未経験者も大歓迎です。皆さんの中でご関心ある方、あるいは周辺の方々で希望者がいれば是非ご参加下さい。

詳しくはこちら↓
http://www.dghok.com/modules/eguide/event.php?eid=33

出展のご案内【国際シンポジウム センチネル・アース】

2008年の“G8北海道洞爺湖サミット”に合わせ、国際シンポジウム「センチネル・アース -地球環境の見張り人-」が開催されます。
 本シンポジウムの一環として、同じ会場において展示会を行われます。同シンポジウムに出席される方々に対して、地球環境の監視に役立つ最新の技術、システム、ソフトウェア及び機器等を広くご紹介する場として企画されています。
■ 国際シンポジウム「センチネル・アース -地球環境の見張り人-」
・ 日程:2008年7月5日(土) PM ~ 7日(月) AM
・ 場所:北海道大学 学術交流会館  http://www.hokudai.ac.jp/bureau/map/map4.htm
・ 主催:北海道大学、アラスカ大学、インドネシア・パランカラヤ大学、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、財団法人リモート・センシング技術センター(RESTEC)
・ 後援:北海道(予定)、他数団体を予定

詳細については以下のサイトをご覧下さい。

http://scc.ist.hokudai.ac.jp/G8/Japanese.html

 

また、市民講座ホームページも開設されましたので併せてお知らせ致します。

http://scc.ist.hokudai.ac.jp/G8/Shimin.html

この市民講座では、JAL現役パイロットによる特別講演「機長が空から見た地球環境」やJR北海道による道路・レール双方向に走行可能な車両DMVの開発についての講演などが行われます。
事前申し込み制、先着順ですので、早めの申込みをオススメします。

「ESRI UC 2008」のご案内

第28回ESRIユーザ会(ESRI UC 2008)が2008年8月4日(月)~8月8日(金)まで、米国サンディエゴ市にて開催されます。世界各国よりESRI製品ユーザがサンディエゴに会し、最新テクノロジーに関するプレゼンテーションをはじめユーザ事例発表など数多くのセッションが開催されます。

http://www.esrij.com/community/event/uc_esri2008/index_u_e2008.shtml

Digital北海道研究会では、より多くの北海道の方にご参加いただけるようESRIユーザ会の参加登録費を会員限定特別価格

$ 495 (一般価格:$ 1,395)

にてご案内させていただきます。

お申し込みされます方はお手数ですが6月29日までに下記の項目を記載してoffice@dghok.com 宛にお送りください。(件名は“ESRI UC 2008”でお願いします) 

 

 ・氏名
 ・企業/団体名
 ・役職
 ・郵便番号 住所
 ・メールアドレス
 ・電話番号
 ・FAX番号

 

旅行の手配に関しましては、ESRIジャパン企画「第28回ESRIユーザ会視察ツアー」をH.I.Sにてお申込みいただくことができます。

 

お問合・お申込
株式会社エイチ・アイ・エス
北海道法人団体営業所 担当:伊藤
E-mail:tb-hojinspk@his-world.co.jp
TEL:011-222-7777 FAX:011-222-6431

Digital北海道研究会がNPOになります

平成18年10月25日に道内の教育・研究機関、自治体、民間企業等が相互に協力しながら、
北海道及び周辺海域の環境、産業、資源等に関するデジタル空間情報を継続的に
収集・更新・発信・活用することを目的として
『Digital北海道研究会』が設立されました。

その後、平成20年2月8日に「特定非営利活動法人Digital北海道研究会」の設立に
関する臨時総会を開催し、会員の皆様の承認を得たことから、
「北海道知事」へ設立に関する書類を3月13日に提出し、
5月13日までの縦覧期間を得て、北海道庁より設立認証後、

正式に『特定非営利活動法人Digital北海道研究会』が設立される予定です。

6月10日のNPO設立総会・記念講演について

NPO設立総会・記念講演のご案内

NPO設立総会(及び定次総会/記念講演)を開催いたしますので、会員の皆様にご出席下さいますようお願い申し上げます。

平成18年10月25日に道内の教育・研究機関、自治体、民間企業等が相互に協力しながら、北海道及び周辺海域の環境、産業、資源等に関するデジタル空間情報を継続的に収集・更新・発信・活用することを目的として『Digital北海道研究会』が設立されました。その後、平成20年2月8日に「特定非営利活動法人Digital北海道研究会」の設立に関する臨時総会を開催し、会員の皆様の承認を得たことから、「北海道知事」へ設立に関する書類を3月13日に提出し、5月13日までの縦覧期間を得て、(以下、予定スケジュール)北海道庁より設立認証後、正式に『特定非営利活動法人Digital北海道研究会』が設立される予定です。

総会・基調講演のお知らせ

Digital北海道研究会速報

NPO設立総会を、下記の日程で開催致します。
・開催日:平成20年6月10日(火曜日)
・開催時間:16時から18時まで
・場所:ホテルノースイン札幌(北農健保会館) 札幌市中央区北4条西7丁目

・総会
・基調講演:GISに携わる行政機関(つくば)の方を予定
・懇親会:総会終了後、同ホテルにて懇親会(会費制)を開催

上記、速報としてご案内させて頂きます。
詳細については、後日HPおよび、MLにて会員へご案内させて頂きます。

Digital北海道研究会 会長 齊籐誠一

—-
Digital北海道事務局 webadmin@dghok.com

イベント「環境サスペンス」

サイエンスカフェイベント「環境サスペンス」のご案内です。

環境サスペンス
豊平川に秘められた過去
-虫か?-林か?化石か?もつれる三人の証言-

同じ川でも見方が変わると違ったものが見えてきます。
水生昆虫、河畔林、地質という3つの異なる視点での話をブレンドすることで
豊平川の過去にまつわる謎を推理してみませんか?

日 時:5月13日(火) 18:15~19:45(開場18:00頃)
場 所:Sapporo55ビル1回インナーガーデン
(札幌駅前の紀伊國屋書店さんの正面入口です)
札幌市中央区 北5西5
参 加:無料。申し込み不要
その他:イベント終了後に懇親会を予定しております(詳細は会場にて。当日参
加可)
お問い合わせ:env.suspense@gmail.com

ゲスト
■布川雅典さん(水生昆虫)
専修大学北海道短期大学 みどりの総合科学科/准教授

■藤元栄一さん(化石と地質)
農林水産省近畿農政局農村計画部資源課/地質官

■吉井厚志さん(河畔林)
(独)寒地土木研究所 寒地水圏研究グループ/グループ長

詳しくはこちらをご覧ください。
http://kansasu.blog.so-net.ne.jp/