4月26日(月)【オンライン開催・参加費無料】BIM・GIS活用セミナー~PLATEAUをAutodeskとEsriで読み込む~

【オンライン開催・参加費無料】BIM・GIS活用セミナー~PLATEAUをAutodeskとEsriで読み込む~

【開催趣旨】:
国土交通省が主導するPLATEAU(プラトー)プロジェクトは、3次元都市データを整備し、オープンデータとして提供を開始しました。
そこで本セミナーでは、配信されているCityGML形式をAutodesk、Esri製品で活用するために取り込む手法をいち早く紹介します。

【日時】:2021年4月26日(月) 10:00~11:40
【会場】:オンライン (Zoomウェビナー)カメラ・音声ともに「オフ」の状態で視聴していただきますので、気軽にご参加ください。
【参加費】:無料(事前申込)
【募集人数】:100名→MAX500名に増枠しました

【申込方法】:Webフォームよりお申し込み下さい。 お申し込みWebフォーム https://zoom.us/webinar/register/WN_h23wrthgQ9u_fvspBVhIBg
・Webフォームが利用できない環境の場合は、必要事項(氏名、所属、メールアドレス)をoffice@dghok.comまでご連絡ください
・メールで申込いただいた場合は、事務局がWebフォームに登録作業を行う場合がございますことをご了承ください
・受講証明書の適応は視聴アカウント登録者を対象とします(視聴サーバ上に視聴ログを取得しますので、CPD希望の場合はセミナー最初から最後まで視聴ください)
・ご登録メールに前日及び当日に視聴アドレスのお知らせが届きましたら、当日そちらに記載のリンクよりアクセスください。

【次第】:

次第 タイトル
発表者
時間
発表1 「BIM/CIMとGIS連携と3次元都市データ」
Digital北海道研究会 三好達也
(15分)
発表2 「Autodesk製品のCityGML対応」
米オートデスクアジア太平洋地域土木事業開発統括部長 福地良彦
(20分)
発表3 「Esri製品のCityGML対応」
ESRIジャパン(株) ソリューション営業グループ 工藤大史
(20分)
休憩(5分) (5分)
発表4 「AutodeskとEsri製品によるPLATEAU3次元都市データの読み込み」
CUG北海道分会長 雫石和利
(30分)
質疑応答(10分程度) (10分)

資料PDFのダウンロードは下記からご利用下さい。
DLパスワードは当日メールおよび、後日メールにて参加申込者に通知いたします。

 

【主催】:特定非営利活動法人 Digital北海道研究会
【共催】:産学官CIM・GIS研究会、CUG北海道分会、地理情報システム学会北海道支部