11月27日(火)「インフラ監視・防災分野における衛星データ利用を考えるセミナー」(主催:北海道衛星データ利用ビジネス創出協議会)のご案内


http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/kgs/sangaku/uchu/kyogikai.htm

○2018.11.2 インフラ監視・防災分野における衛星データ利用を考えるセミナー(11/27(火))を開催します。 …続きを読む →

11月23日(金・祝)GIS Day in 北海道2018のご案内

今年のGIS Day in 北海道は、酪農学園大学と北海学園大学との共同開催となります。
酪農学園大学では新しいアプリケーション、ArcGIS Proを使った初心者向け講習会、北海学園大学では、学芸員と地理教員を主たる対象としたArcMapを使った初心者向け講習会を開催します。いずれもPCを使った実習形式です。いずれも受講は無料ですので、お早めにお申し込みください。 …続きを読む →

11月9日(金)第3回 スマート農業セミナー~環境制御型施設園芸の未来~のご案内

Digital北海道研究会は、11月9日開催の「第3回 スマート農業セミナー~環境制御型施設園芸の未来~のご案内」を、一般社団法人北海道産学官研究フォーラムの主催で共催いたします。 …続きを読む →

11月6日(火)平成30年北海道胆振東部地震・地理空間情報活用懇談会のご案内

※満席の為募集を終了しました。

【開催趣旨】:
平成30年9月6日3時7分に北海道胆振地方中東部を震源地として「北海道胆振東部地震」が発生しました。地震の規模はMj 6.7、震源の深さは37 kmで、厚真町鹿沼で最大震度7を観測しました。地震の発震機構は東北東-西南西方向に圧力軸を持つ逆断層型で、地殻内で発生した地震であります。

この度の地震発生後、関係各機関による調査が行われておりますが、この度主に地理空間情報を用いた地震発生後の震源地周辺の現状把握などについて各関係機関の情報の共有や意見交換を図るべく情報交換と懇談の場として、「平成30年北海道胆振東部地震・地理空間情報活用懇談会」を開催いたします。
是非多くの皆様のご参加をお待ちしています。 …続きを読む →

10月19日(金)第2回 産学官協力懇談会~大変革の21世紀―持続可能な新文明を目指して~のご案内

 

【開催趣旨】

この度、第15代北海道大学総長として活躍された後も、放送大学学長、北海道開拓記念館館長、地方独立行政法人北海道立総合研究機構理事長などの要職を歴任して来られた丹保憲仁(たんぼのりひと)氏を講師に迎えて「大変革の21世紀―持続可能な新文明を目指して」というテーマで講演をいただく運びとなりました。人口減少下の中で活力を維持しながら安全で自然と共生しうる社会の創出のために、どのような価値観で取り組んでいくべきかを語っていただきます。是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【開催日時・会場】

産学官協力懇談会~大変革の21世紀―持続可能な新文明を目指して~
【日時】:
10月19日(金) 15:00-17:00 (終了後懇談会17:20-19:20/参加費別途)

【会場】:
札幌駅前ビジネススペース カンファレンスルーム2H
060-0005 札幌市 中央区北5条西6丁目1−23 第二北海道通信ビル2階

【プログラム】

15:00~15:05 開会の挨拶

一般社団法人北海道産学官研究フォーラム 理事長 三上 隆

15:05~16:35 講演 「大変革の21世紀―持続可能な新文明を目指して」

財団法人北海道河川財団 会長 丹保 憲仁(たんぼ のりひと)氏

【プロフィール】:平成24年より財団法人北海道河川財団会長。
平成22年~平成30年地方独立行政法人北海道立総合研究機構理事長。
北海道大学および放送大学名誉教授。工学博士。専門は環境工学。
北海道出身。国際水協会(IWA)会長、北海道大学総長、放送大学学長などを歴任。

16:35~16:55 質疑応答

16:55 閉会の辞

17:20-19:20 同会場「カンファレンスルーム2J」にて懇談会(事前申込・懇談会費別途)

【お申し込み】

参加費

  • 一般 3,000円
  • 主催・共催団体会員 2,000円
  • 官公庁・自治体 2,000円
  • (懇談会に参加する場合は別途懇談会費4,000円)

下記アドレスWebフォームよりお申し込み下さい。

https://eipo.jp/dghok/seminars/view/16287

FAXお申込用紙PDFは下記よりご利用下さい。
https://h-sangakukan.jp/seminar/1370

Webフォームがご利用できない環境の場合は、件名を「【参加申込】10月19日(金)第2回 産学官協力懇談会」とし、本文に参加者氏名、会社・団体名、住所、メールアドレス、電話番号、会員区分(会員・非会員・官公庁・自治体・独立行政法人等)、お支払い方法(会場支払い・銀行振込[請求書不要]・銀行振込[郵送の請求書が必要])、懇談会(懇談会費別途4,000円)参加の有無、を明記の上、下記を参考にinfo@h-sangakukan.jpまでお送りください。

宛先:info@h-sangakukan.jp
件名:【参加申込】10月19日(金)第2回 産学官協力懇談会
本文
参加者氏名:(複数人の場合は複数氏名をご記載下さい)
会社・団体名:
住所:
メールアドレス:
電話番号:
会員区分:(会員・非会員・官公庁・自治体・独立行政法人等)
お支払い方法:(会場支払い/銀行振込[請求書不要]/銀行振込[郵送の請求書が必要])
懇談会(懇談会費別途4,000円)参加の有無:

 

【主催・連絡先】

【主催】:一般社団法人北海道産学官研究フォーラム
【共催】:産学官CIM・GIS研究会、特定非営利活動法人Digital北海道研究会
お問い合わせ:
一般社団法人北海道産学官研究フォーラム (担当 藤原)
060-0807 札幌市北区北7条西5丁目6-1ストークマンション札幌507号
TEL 011-374-6836
FAX 011-299-5070
E-mail:info@h-sangakukan.jp

10月17,18日(水,木) GIS講習会開催のご案内

 

【開催概要】:

Digital北海道研究会では、毎年、酪農学園大学と建設コンサルタンツ協会と共催でGIS講習会を開催しております。今年度もArcGISの初級・中級編の講習を開催する事といたしました。
この講習会は、実際にパソコンを操作しながら、GISツールをどのように適用するのかを修得して頂くことを目的としております。
以下の開催要領を熟読の上、ご参加下さるようお願いいたします。
本講習は建設コンサルタンツ協会発行のCPD対象講習の予定です。

【会場】:酪農学園大学A1号館3階PC5教室

■2018年10月17日(水)
ArcGIS Pro 初級編

  • 建設コンサルタンツ協会会員:無料(講習会テキストをダウンロードし、各自印刷の上でご持参下さい。)
    お申込み時のメールアドレスにzipファイルの解凍パスワードをご連絡いたします。
  • 酪農学園大学学生:無料(テキストは当日会場にてお渡しいたします)
  • Digital北海道研究会会員:4,000円(テキストは当日会場にてお渡しいたします)
  • 一般(非会員):8,000円(テキストは当日会場にてお渡しいたします)

■2018年10月18日(木)
ArcGIS Pro 中級編

  • 建設コンサルタンツ協会会員:無料(講習会テキストをダウンロードし、各自印刷の上でご持参下さい。)
    お申込み時のメールアドレスにzipファイルの解凍パスワードをご連絡いたします。
  • 酪農学園大学学生:無料(テキストは当日会場にてお渡しいたします)
  • Digital北海道研究会会員:4,000円(テキストは当日会場にてお渡しいたします)
  • 一般(非会員):8,000円(テキストは当日会場にてお渡しいたします)

GIS講習会の詳細は下記アドレスよりPDFファイルをご参照下さい。
https://dghok.com/wp-content/uploads/2018/10/2018-10-17.18_rakunouGIS.pdf

参加お申込は、下記フォームよりお願いいたします。
(申し込みを代理で複数名登録するときは、別々に登録をお願いいたします)
GIS講習会お申込みWebフォーム
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/16366

【講習会対象者】:

【初級編】:

・GISに興味のある技術者や業務に適用したいが適用方法がわからない技術者
・新入社員(できれば、入社2年目以降で実務を経験している若い技術者を希望)

【中級編】:

・初級編受講者または、同等の知識のある方

【日時・会場】:

開 催 日 内 容 場 所 募集人員
10月17日(水) ArcGIS Pro初級編 酪農学園大学A1号館3階
PC5教室
建コン会員20
その他20名
10月18日(木) ArcGIS Pro中級編 酪農学園大学A1号館3階
PC5教室
建コン会員20名
その他20名

 

【講習スケジュール(予定)】:

※初級編と中級編で、開始時間、終了時間が異なりますのでご注意願います。
また適宜、講習の進行具合を見ながら休憩を入れます。

10/17(木)初級編 9:45~17:00
9:45~10:00 受付
10:00~12:00 講習
12:00~13:00 昼休み
13:00~17:00 講習

 

10/18(金)中級編 9:00~14:30
9:00~9:15 受付
9:15~12:00 講習
12:00~13:00 昼休み
13:00~14:30 講習

使用パソコン、使用ソフトについて

会場の酪農学園大学の設備を利用しますので、パソコン、データは持参不要です。
ソフトはESRI社 ArcGIS Proを使用します。

テキストデータのダウンロードと印刷について

受講者にテキストのダウンロードをご案内をいたしますので、
受講するコースのテキストをダウンロードし、印刷して持参願います。
(※建設コンサルタンツ協会会員の参加者は各自にて印刷が必要です)
お申込み時のメールアドレスにzipファイルの解凍パスワードをご連絡いたします。

※酪農学園大学学生、Digital北海道研究会会員、一般参加の参加者につきましては、当日会場にて印刷テキストをお渡しいたします。

講習会お申込み方法

Digital北海道研究会のWebページ(https://dghok.com/event/2945.html)
に掲載のWebフォームよりお申込みください。

GIS講習会Webお申込みフォーム
https://eipo.jp/dghok/seminars/view/16366

その他注意事項

本講習はCPD対象プログラムとなっております。
プログラム番号等CPDの詳細は、(一社)建設コンサルタンツ協会ホームページCPD情報(https://cpd.jcca.or.jp/)に公開いたします。

酪農学園大学駐車場の駐車券をお持ちの場合は、当日受付時に受付担当までお申し出下さい。押印いたします。

10月9日(火) 森林GISフォーラム 平成30年度 地域シンポジウム in 北海道のご案内

10月9日(火) 森林GISフォーラム 平成30年度 地域シンポジウム in 北海道のご案内です。

================ (案内) ================
森林GISフォーラム 平成30年度 地域シンポジウム in 北海道
開催日:10月9日(火)11時00分~16時30分
場所:かでる27 1060,1070研修室(〒060-0002 札幌市中央区北2西7)
http://homepage.kaderu27.or.jp/
主催:森林GISフォーラム(http://fgis.jp/)

《プログラム》(予定)※プログラムは予告なく変更となる場合があります。
■【賛助会員による森林GISのデモ】 11時~16時(かでる27 1070号室)
賛助会員:社団法人 日本森林技術協会

■【シンポジウム】 13時10分~17時00分(かでる27 1060号室)
●13:10 開会宣言
●13:10 会長あいさつ
●13:20 【講演】
・濱坂 晃(石狩森林室)
「民有林におけるUAV(無人航空機ドローン)の活用事例について」
・喜多 耕一(北海道総合政策部情報統計局情報政策課)
「胆振東部地震における山腹崩壊地のトレースと現地での利用について(仮)」
・古家 直行(森林総合研究所北海道支所)
「マルチセンサによる天然林持続的管理に向けた森林モニタリング」
●15:20 - 休憩(賛助会員デモンストレーション) -
●15:40 【賛助会員企業等による話題提供】
話題提供の内容については調整中(2件程度を予定)
●16:40 総合討論、話題提供など
●17:00 閉会あいさつ

■申込方法:参加費無料。事前申込不要です(定員 約100名)。
シンポジウム後の懇親会は要申込(4, 000円を予定)

■問合せ先:森林総合研究所 方 森林GISフォーラム事務局 高橋 正義
Tel:029(829)8314 E-mal:o-info@fgis.jp
北海道立総合研究機構林業試験場 菅野 正人
Tel:0126(63)4164(内線345) E-mal:kanno-masato@hro.or.jp
================ (案内終了) ================